記憶という名のオルゴール

作者 大槻有哉

仲間の記憶を背負い歌い続けた彼らの歌—それこそが今の世界には必要なんだ

  • ★★★ Excellent!!!


記憶を共有しながら彼らは飛んだ。エンジェルに支配されつつある世界を変える為、一つ、また一つと儚い命を散らしながら。


四話完結の短編となってますが、独特の世界観に引き込まれ読了感もあります。
とても深いメッセージ性を感じる作品で、エンジェルと称された《ソレ》に最後、少し身震いがしました。
僕個人の感想ですが、《ソレ》はすぐ近くにいるのかもって。

皆さんはどう感じるのでしょうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

語りぬこ (かっぴゔぁら)さんの他のおすすめレビュー 44