YプロリレーNo,6

薮坂

2000光年のアフィシオン 第6話

第一話

https://kakuyomu.jp/works/1177354054890555572


第二話

https://kakuyomu.jp/works/1177354054890620812


第三話

https://kakuyomu.jp/works/1177354054890623821


第四話

https://kakuyomu.jp/works/1177354054890651852


第五話

https://kakuyomu.jp/works/1177354054890658871




   ────────────



 ──速い。桁違いに、速い!


 いつもと同じハズの機体。愛機とも呼べる、このアフィシオン57号機。HUDヘッドアップディスプレイに表示された速度を見て、おれは驚いた。

 Maマッハ 4.23──、つまり音速の4倍以上で飛行しているということだ。

 いつもより少しだけ、速く飛びたい。そうだけなのに、この速度の実現とは恐れ入る。

 ポニーテリカがおれに何を埋め込んだのか、正確にはわからない。しかしこれは明らかにヤバイもののようだ。

 現に、57号機は軽いアラートサインを出している。HUDの片隅に表示されている、見慣れないアイコン。これは「機体限界速度の90%で航行中」というサインであるらしかった。こんなものを見るのは初めてだ。



「──聞こえるかしら、A57アルバ少尉


 脳内に響く声。これはHQ本部のツインテリナ中佐のもの。俺はすぐさま応答する。


「HQの声は届いている。指示を」


「敵編隊に動きあり。SCAショートカットアンカの起動を確認。20秒後に接敵コンタクト予測。武運を祈るわ、アルバ。必ず敵編隊のSCAを無傷で回収してほしいの」


「了解」


 無傷で回収とは、中佐もなかなかに強欲だ。敵が使っているショートカットアンカ。これは、ツインテリナ中佐が発明した次元転移装置フラックス・キャパシタのベースになった代物である。敵が使用しているオーバ・テクノロジであり、物体の即時座標移動──、つまりワープを可能とするモノだ。ヤツらは太陽系の端からやって来るので、光の速度でも遅すぎるらしい。


 もちろん詳しいことは知らない。しかし、研究部は口酸っぱく言うのだ。あれを鹵獲ろかくしろ。さすれば未来への扉は開けると。

 それをどう使うのか、単なるオペレータである俺の知ったことではない。恐らく弄り回して、リバースエンジニアリングでもするのだろう。

 敵のSCAを完璧に解析できれば。それが2000光年離れた約束の地へと俺たちを導く、らしい。アカデミの教本に書いていた通りであるのならば。



 眼前に、三角形に大きく展開するSCAを確認した。夜空よりもさらに漆黒。一条の光すら見えないそのデルタゾーンから、敵機がと現れるのが見て取れる。ぞろぞろとまるで、巣から這い出てくるアリの大軍のよう。それを見て俺は、速度を通常のそれに戻す。そして。

 コンタクト。コンバットマニューバ、オープン。



 途端に自機のアラートが鳴った。耳を劈く警報音。敵機のミサイルが、自機に向かって飛んでくるサインだ。出会い頭で撃ってくるとは、練度の低さを露呈するようなもの。

 それは当たらない。フレアを撒く必要もない。俺は機首をピッチアップさせると、そのままクルビットマニューバに移行した。鋭く後方に一回転の宙返り。若干のロールを入れ、敵機のミサイルを難なく躱す。

 機体を水平に戻した瞬間、敵機をスパイク。ロックオン。瞬間、ウエポンベイからMIRVマーヴ──多弾頭ミサイルを発射した。

 敵の編隊は解けていない。空中でマーヴは四散し、手近な敵機たちに食らいつく。

 MIRVが刺さる手応え、多数。爆散。HUDのシーカには5機撃墜の表示が冷たく踊っていた。


 機体をナイフエッジポジションからスライスバックに。高度を速度に変え、砕け墜ちる敵機の残骸から離脱する。

 ──追ってこい、雑魚ども。旧型機FW4Sに用はない。

 大佐からは、最新鋭機SG400を10機墜とせと下命を受けている。それを復命しなければ、次は空に上がれないかも知れない。それだけは避けたい。この空に居るということが、俺の存在意義なのだから。


 しばらく真っ暗な海面に向けて垂直下降を続けると、機体のアラートが再び吹鳴した。高度1000m。この速度では低すぎる高度だ。

 機体をピッチアップさせ、高度を回復。張り付くように後方にいたのは、狙いの最新鋭機だった。HUDには後方に2機、前方に3機。自機を取り囲むように連携飛行している。なるほど、旧型機では歯が立たないと踏んだか。相手の司令官は思い切りの良いヤツのようだ。


 1発目のMIRVマーヴが効いたのだろうか。互いに少し距離を取りつつ、しかし確実に寄せてくる敵機たち。オペレータもなかなか優秀のようだが、しかし。俺のマニューバについて来られるのだろうか。


 ワザと、教本通りのインメルマン・ターンを決める。後方に張り付いていた1機が釣れる。自機にアラートサイン、スパイク。相手のミサイルシーカ内に自機が入ったサインだ。しかしロックはされていない。優秀なオペレータならまだ撃たないだろう。俺はそこから少しだけ、速度と高度を落とす。もう少しだ。

 敵機は速度を上げ、俺に襲いかかる。来た、ここだ。瞬時に機体をダイヴさせる。そのまま低空でナイフエッジ。速度を上げロール。右ヨー、さらにロール。

 相手のスパイクを振り切ると、相手はたまらず高度を上げた。ここだ。するりと同じように高度を上げる。下方から角度のついたズーム上昇で、俺はまんまと敵機の背後を取った。主武装の短距離ミサイルを撃ったのは、ロックオンのサインが出たのとほぼ同時。

 闇夜を切り裂く光の槍は、躊躇う間も無く敵機に突き刺さった。爆発。粉微塵になる敵機。まずは1機。楽しい時間の、始まりだ。



   ────────────



「──おいアルバ、助けに来たぜ! ってカッコ良く登場しようと思ったのによ。なんだよこれ。正気か、お前?」


 聞き慣れたフォッカの声で、と我に返った。色を失っていた視界が元に戻る。深くアフィシオンとシンクロしていたのだろうか。記憶が曖昧だ。HUDには、僚機を示す緑色の輝点しか残っていない。朧げな記憶を辿ると、どうやら最新鋭機を全て撃墜させたようだ。詳細は、憶えていないのだが。


「アルバ? 聞いてんのか」


「……旧型機はどうなった」


「憶えてねぇのかよ。ほんと大丈夫か、お前。旧型は全部、10キロ離れた空域でファード隊とヴェルファイ隊が蹴散らしたよ。この空域にも、もう敵機は残ってねぇ」


「そうか」


「お前まさか、意識喪失クリアアウトしてたんじゃねぇだろうな?」


「そんな訳ないだろ、ちょっと昂ぶってただけだ」


「ホントか……? お前、なにかオレに隠してねぇだろうな?」


 クリアアウト。ブラックアウトとは違う、意識障害の一種。シンクロしすぎて、機体を動かしているのにも関わらず、記憶に残らない状態のことを言う。これが続くと、意識をアフィシオンに乗っ取られるという。そして二度と目が覚めない。公式記録には残っていないが、俺はそのケースを2件知っていた。

 ぞくりとする。自分もそうなるのか? いや、それはない。現にこうして、俺の意識は俺がコントロールしている。

 試しに、機体を左右にロールしてみる。鋭敏な反応。大丈夫だ、俺はきちんと機体を制御できている。

 そのマニューバを見たフォッカが、怪訝な声で言った。


「お前、今何した。機体の具合を確認したのか? お前のペストミルpmの数値、言ってみろ。今すぐにだ!」


 無意識に、HUDの数値を確認してしまった。その数値、72pmペストミル

 ──72pmだと? なにかの間違いじゃないのか?


「──おいアルバ、数値は!」


「……問題ない。45pmだ。規定数値だな」


「それ、本当だろうな? デブリーフィングでお前のマニューバログ、確認させてもらうぞ。これ以上仲間を失いたくねぇからな。場合によっちゃ──」


 フォッカがそこまで言った、その瞬間。自機アラートが強く吹鳴した。コックピットに鳴り響くそれ。これはスパイク。いや、ロックオンのサインだ!


「アルバ、敵機だッ! ロックされてるぞ!」


「ロックだと、そんなハズが──」


 HUD全体が赤く染まる。撃たれた、何らかのミサイルが自機に向かって飛んで来ている! 一体どこから? レーダには何も映っていないのに!


 悩むよりも前に回避行動だ。一歩の遅れが致命的な結果を生む、この空。悩むのは後でいい。

 カウンタ・メジャー対抗手段の射出。フレアか、チャフか。いやどっちもだ。どんなミサイルを撃たれたのかわからない以上、選択肢は多いに越したことはない。

 メジャーを射出。すぐさまダイヴ。高度を速度に変える急降下。しかし海面が近い! 寸でのところでピッチアップ。高度は100m未満。ギリギリでミサイルを躱す。海面に刺さったミサイルが爆散した。殺意のこもった、本物の攻撃だ。


「アルバ、無事か!」


「フォッカ、敵機を探知できるか!」


「──否定ネガティヴ、レーダには映らねぇ! 肉眼もダメだ!」


 肉眼にも映らない、だと? 冗談じゃない、なんだそれ? ふざけているのにも程がある。そんなの戦闘機とは言わない。ただのUFOじゃねぇか。


 俺は機首を上げ、フォッカが取っていた高度まで一気に駆け上がった。2機で周囲を警戒する。レーダはダメだ。恐らく相手は最新鋭機、特殊なステルスを装備しているのかもしれない。戦闘機に光学迷彩なんて、冗談にもほどがあるが。


「警戒しろ、オレは1時から7時方向! アルバはその逆だ!」


 自機から向かって左、そこに目をやると。小さくてわかり辛いが、満天の星の光と、月明かりが部分的に消えているエリアが見える。その形は三角形デルタ。あれは、もしかして。極小型のショートカットアンカ、なのだろうか。つまり敵機はそこから出てきたのか?


「フォッカ、10時方向。見えるか、もしかしたら小型の──」


「コンタクト!」


 遮るように、フォッカが叫んだ。瞬間、HUDにアラートサイン。敵機が赤い輝点で表示される。ステルスを解除したのか……?


「なんだこいつ……フザけてんのか?」


 フォッカがそう言うのも無理はない。おおよそ、信じられない機体だったからだ。敵機のそのカラーリング。剥き出しの銀色。無塗装なのか。それが月明かりの下、怪しく煌めいている。

 しばらく見とれてしまっていた。痛恨のミスだ。次の瞬間、敵機は猛然とロールし、こちらに機首を向け猛進してくる。いや、本当にロールしたのか。急激に機首を無理やり変えたように見える、そのマニューバ。


 すぐさま俺はMIRVマーヴを撃つ。ウエポンベイに残った全弾を。そして頃合いを見て、手動で多弾頭を展開。ヤツの鼻っ面でだ。同時にフォッカの89号機もMIRVを射出。同じく全弾。

 しかし数十発に分かれた弾頭は、ことごとく外れてしまう。カスリもしない。その気配すらない。ありえないマニューバ。人間が乗っているとは到底思えない。


 俺は、俺が世界で一番強いと思っていた。今の今まで。俺が、世界で一番であると。この空を世界で一番、愛しているから。

 だけど。それはとんだ思い上がりだったようだ。初めて……いや久しぶりの感情。胸がざらりとするというか、何というか。

 あぁ、これは。長らく空で忘れていた感情。


 ──恐怖だ。



「……逃げるぞアルバ。あのマニューバは異常だ、世界の物理法則を無視してるとしか考えられねぇ!」


「いいや、それは出来ない」


「墜とす気だと? ふざけるなアルバ! お前なら見てわかるだろ! あの機体は明らかに異常だ、オレたちが敵うとは到底──」


「だから逃げきれそうにない、って言ってるんだ。お前もわかるだろ。俺の言っている意味が!」


「まさかアルバ、お前──」


「俺がヤツを引きつける。その間にお前は逃げろ。逃げてヤツのマニューバログをHQ本部に持ち帰れ!」


 機体をロールし、反転させようとしたのだが。フォッカが器用に、俺のラインを奪った。接触しないように機を減速させた瞬間、フォッカが言う。


「あれに勝てる可能性があるとしたら! そりゃお前だけだ! オレが時間を稼ぐ、お前は帰投して対策を練れ。いいな、オレを無駄死にさせんじゃねぇぞ!」


 フォッカは一気にズーム上昇して。目くらましのフレアを撒き散らす。


「また会おうぜ、相棒」


「フォッカやめろ! フォッカ──!」


 そして。フォッカのアフィシオンは空を舞う。

 それはきっと。世界で一番、悲しいダンスに違いない。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

YプロリレーNo,6 薮坂 @yabusaka

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ