アフリカの子どもたち

作者 山南こはる

93

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

以下、本文の要約です。
〉子どもの頃から物静かで引っ込み思案だった。私はずっと期待していたのだ。地獄から救い出してくれることを。
この期待は裏切られます。冷淡に同情心の欠片もなく。
〉先生の表情はどこか胡乱気で相づち一つうたずに聞き流していた。あなたね、世界で一番可哀想って顔してるけど違うわよ。
私がかけて欲しい声はそんなんじゃない。私は、誰かを頼るのを辞めた。

心の叫び、痛み、期待外れを味わった主人公はその後躍進します。自分の手でつかみとれるものを得ていく。頼もしいその背中。フィナーレに主人公は先生と再会するが……。何度も読む価値のある作品です。

★★★ Excellent!!!

某有名人気芸人の言葉が改めて思い返された。

可哀想な人間というのは、常に辛さを抱えている人間。

アフリカの子供の空腹を解消出来れば、その子たちはその後の人生をなんの辛さも感じることなく過ごす事が出来るのだろうか。

逆に、食や安全を保証された日本で自殺する人間が減らないのは何故なのか?

人はパンのみで生きるのではない、と教えてくれる作品です。


★★★ Excellent!!!

もしも自分がつらくてたまらなくて誰かに相談したときに、「○○さんはもっとつらいのだから我慢しなさい」と言われたら、どのような気持ちになるでしょうか。
このお話の主人公は、いじめにあっている地獄の中で担任教師に救いを求めますが、返ってきたのは無慈悲な言葉でした。
心を閉ざし、モヤモヤしたものを抱えてしまう主人公。大人になった彼女が、その担任と再会したときにとった行動は――。

リアルな心情描写で、読んだ人の心に深く何かを残す短編です。読むうちにモヤモヤとした感情はわきおこりますが、決して胸糞の悪い結末ではありません。自分は救いを見出しました。
担任の言葉は無自覚に残酷ですが、彼女もことさら残虐非道な人間なわけではありません。普通の人間です。どこにでもいる、少々他人の気持ちに鈍感で押しつけがましい人……程度でしょうか。
だからこそ、とてもリアルな光景に感じました。そして自分も「己に酔った正義感」で誰かを傷つけていないか不安になりました。

「日本の子供はアフリカの子供より幸せだ」という言葉に納得できない方に、誰かと自分を比較をされて悲しくなったことのある方に、大人からの言葉に傷ついたことのあるかつての子供に、このお話をお勧めしたいです。