月落ちる森Ⅰ 白夜の狼

作者 小湊セツ

62

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

男前なヒロインと、強くて美男子で愛が重めのヒーローのお話です。


騎士を目指すヒロインが、王立学院へ転入したところから物語は始まりますが…。


「狼の姿も綺麗だよ。セラ」

獣人の中でも嫌われ者はずの狼女であるヒロインに、ヒーローはそれはもうぐいぐい迫ってきます。
重いです。

そんな執着愛も魅力ですが、それだけではありません。

2人の過去は胸が痛く、戦闘シーンは本格的に格好良く、挿入される神話の美しく切なく。
とても魅力溢れるファンタジーになっています。

上質な学園ファンタジーをお探しの方、是非読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!


ちょっぴりダークな学園ファンタジー……と呼ぶには枠からだいぶはみ出すであろう本作品。
個人的な推しポイントは、物語の土台となっている神話。
これの使い方が非常に上手く、主人公を含めた多くの登場人物が「血の運命」に縛られていることが窺えます。
至る所で神々の系譜を感じる場面が多く、このお話を単純な学園ラブファンタジーから一つも二つも上の段階に押し上げているのです。

そして個性豊かなキャラクターともふもふと強火ストーカーが、そんな少し不穏な世界観を更に盛り上げてくれます。
もちろん獣人である主人公セリアルカと、彼女に異常な執着を見せるアルファルドも神話に深く関係した人物です。作中で垣間見せる彼の溺愛を通り越した激情は狂気すら感じますが、そこがまた良い(頷き)
物語後半ではとある物騒な事件が起きるのですが、そこで繰り広げられる戦闘シーンがめちゃくちゃ熱いのもおすすめポイント。
いや、正直もっと推しポイントはあるんです。獣人の嗅覚ならではの香りに関する描写とか……でもそれは直接読んだ方が分かりやすい!
幻想的な神話を背景に、恋愛ももふもふも陰謀もバトルも楽しみたいぜっていう方はぜひ読んでみてください!

最後になりましたが完結おめでとうございます。素敵なお話ありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

主人公セラと婚約者の二人が可愛いです。
セラは婚約しないと言い続けていますが婚約者は婚約する気満々です。
更に婚約者はセラに対してどこか変態的でクスリとしてしまいそうなセリフもあります。
まだ序盤しか読めていないのですがセラと婚約者の仲は一体どうなるんでしょう? 気になるところです。