最後のポイントは何日分か?

 日常の中で、彼女への愛が心の中で生まれたと感じていたとき、かぐやが消えた。

 おかしい。いくら呼んでも返事がない。俺は焦った。

 

『彼女が消えた』


 SNSでねがいの館に連絡してみた。すると――


『残念ですが、そろそろポイントがなくなってきたので、彼女は返却してもらいました』


 という返事が来た。


『いくらでもポイントをつかってかまわない。彼女を返してほしい』


『残念ですがほとんどポイントが残ってません。あなたの命に関わりますから』


 俺、今までどれくらい使ったんだっけ? あまり考えずにポイントを使ってしまった。

 でも、200ポイントと100ポイントを3回。合計500ポイントだったはずだ。まだ500ポイントは残っている。


『ポイントが増えることってないのか? 俺の今の所持ポイントはいくらだ?』


 俺は、焦って質問した。


『残念ながら、ポイントが増えることはありません。元々死ぬための願いなのですから、残りは50ポイントです』


『500ポイント残っているはずだ』


『あなたは、彼女と時々一緒に眠っていましたよね。2回目以降、1回で50ポイントなんですよ。初回以降、5回眠れば250ポイント使用したことになっています何もしなくても毎日10ポイント減ることになっていますから』


『きいていないぞ! 説明不足だ! 詐欺じゃないか』


 俺は、怒りに身を任せて、文字を打った。

 ――すると、メッセージが返信された。


『あなたは質問も確認もせず、彼女を我が物にしていましたよね。確認くらいはするべきだったと思います。もし、50ポイントで彼女をお返ししたらポイントはゼロになります』


『説明くらいするべきだ。ポイントがゼロになったら死ぬというのか?』


 俺は、怒りと焦りで手が震えた。


『確実に死にます。あなたは、死にたかったのではないですか?』


 あまりにも事務的な返信だった。どうせ嘘だろうと思っていた。

 だって、こんなに元気なのに死ぬわけがない。俺は若いんだ。


『彼女と会いたい。50ポイント使うよ』


 やけくそだった。


『あなたは死にたいのですか? 生きたいのですか?』


 念を押すようなメッセージだった。

 俺は少し怖く感じた。これが、普通ではないということを肌で感じていたからだ。

 もしかしたら、本当に死ぬのかもしれないという恐怖が襲った。


『生きたいし、会いたいんだ』


『それならば、ポイントを使わず生きてください。あなたは死にたかった。生きていればいいことがあるかもしれないのに。生きていなければいいことは起こらないのに』


『ポイントを使ったら、すぐに死ぬのか?』


『即死です』


 背筋が凍る。仕方ない、生きていれば彼女に会えるかもしれない。


『じゃあ、ポイントは使わない』


 これでねがいの館ともお別れだ。そう思った。


『残りわずかの命を大事に生きてください。後悔先に立たずです』


 妙なメッセージだった。どういう意味だ?


『あなたの残りのポイントは、日にちに換算すると、5日の命ですから』


 ***


 ――このメッセージの後、彼の人生に6日目はなかった。

 ポイントを少ないと感じるのか、多いと感じるのか、命のポイントの重さは本人の考え方次第だと思います。時すでに遅し。

 もしもあなたが、ねがいの館に出会うことがあったら、きちんと命の重さを考えて、ねがいをかなえてください。

 ほんのささいなことで、はまって抜け出せなくなる依存心、あの世への道――。

 人間は、実に厄介で面白いですね。

 どんなに金持ちでも、有名人でも、天才だとしても、必ず死が訪れることは、神が人間に与えた平等な権利と義務なのかもしれません。

 生きたいから長生きできるものでも、自分で寿命を決められるわけでもないのです。自分の寿命の長さは誰も知らないのが普通なのです。

 明日、死ぬ可能性もみんなあるわけで、命の長さは選べません。ですから1日1日を大切にして生きてほしいのです。

 それでもねがいの館を利用したくなったときは、私からあなたへご連絡をさしあげます。




 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ポイントがゼロになったら死にます【5分で読書収録作品】【書籍化】 響ぴあの@5分で読書発売中 @hibikipiano

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ