夏の和歌(短歌)集

作者 大野城みずき

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全153話

更新

  1. まえがき
  2. 凡例(他の季節の和歌集とほぼ同一)
  3. 使い方(他の季節の和歌集と同一)
  4. 詠歌一覧、昇順
  5. 詠歌一覧、降順
  6. 詠歌一覧、昇順(ルビなし、歌は全ひらがな、文字列検索対応)
  7. 夏歌
  8. 【衣替え】
  9. 001 折ふしは濃きも薄きも…… 掛詞、句切れなし
  10. 002 今こそは一白襲…… 単語、文法、句切れなし、散文取り
  11. 003 白栲の月影ひとへ…… 枕詞、単語、文法、句切れなし、散文取り
  12. 004 折ふしの襲の色目…… 句切れなし
  13. 005 色合ひも掛けおくほどに…… 句切れなし
  14. 006 すこしまたまたすこしまた…… 句切れなし
  15. 【夏風】
  16. 007 夏風や花も霞も…… 句切れなし
  17. 008 吹き返し来つる夏風…… 句切れなし、本歌取り
  18. 009 若き葉をむすぶ緑の…… 句切れなし
  19. 010 夏風や雨も光も…… 句切れなし
  20. 【季節外れのウグイス】
  21. 011 鶯やなどか鳴くらむ…… 文法、二句切れ
  22. 012 鶯や聞こゆまじきの…… 文法、句切れなし
  23. 【ホトトギス】
  24. 013 をちかへり物すほの音は…… 句切れなし、散文取り
  25. 014 時鳥誰しも訪はぬ…… 句切れなし
  26. 015 時鳥鳴けども人も…… 句切れなし、散文取り
  27. 016 ながめたる庭に聞こゆる…… 句切れなし
  28. 017 いかにもあれ世は移ろへど…… 句切れなし
  29. 018 などいとどさも鳴かるるか…… 三句切れ
  30. 【ウノハナ】
  31. 019 卯の花や月夜垣根に…… 句切れなし、本歌取り
  32. 020 夜垣根の月の卯の花…… 句切れなし、本歌取り
  33. 021 ひさかたの月夜の垣根…… 枕詞、句切れなし
  34. 022 さざなみの夜の卯の花…… 枕詞、文法、句切れなし
  35. 【五月五日】
  36. 023 来なむやと誘ふらむ風…… 文法、掛詞、句切れなし、散文取り
  37. 024 鯉のぼり一つところを…… 句切れなし
  38. 025 果てにけり吹け吹け風よ…… 初句切れ、二句切れ
  39. 026 湯殿の湯今日は菖蒲を…… 句切れなし
  40. 027 菖蒲湯にひちて心地の…… 句切れなし
  41. 028 世の常のうきあやめ草…… 掛詞、句切れなし、本歌取り
  42. 【タチバナ】
  43. 029 橘の匂ふ昔の…… 句切れなし、散文取り
  44. 030 老いにけり橘はなど…… 初句切れ、散文取り
  45. 031 ゆく先の花橘に…… 四句切れ、散文取り
  46. 【新緑の候】
  47. 032 若き葉の生ふる草木よ…… 文法、二句切れ
  48. 033 木漏れ日はなほ斑にも…… 三句切れ、本歌取り
  49. 034 浮雲はそぞろに流れ…… 句切れなし、本歌取り
  50. 【蚊など】
  51. 035 縁のさき夏になりけり…… 文法、二句切れ
  52. 036 夏や来ぬ蚊やりの煙…… 文法、初句切れ、三句切れ
  53. 037 夜枕に蚊のなかりせば…… 句切れなし
  54. 038 いや来るないやな寄りにそ…… 初句切れ、二句切れ
  55. 【五月雨】
  56. 039 そことなく止まむや止まず…… 単語、掛詞、二句切れ
  57. 040 かそけくも来し五月雨は…… 句切れなし
  58. 041 五月雨は分くも分かずも…… 句切れなし
  59. 042 五月雨の庭の紫陽花…… 掛詞、文法、四句切れ
  60. 043 うちしめり深くもあるか…… 文法、二句切れ
  61. 044 五月雨の晴るるともなき…… 掛詞、句切れなし、本歌取り
  62. 045 明くるより日の暮るるまで…… 掛詞、句切れなし、散文取り
  63. 046 継ぎて降る雨は誰かの…… 三句切れ
  64. 047 田の蛙天霧る夜の…… 句切れなし
  65. 048 うすき月五月雨やみの…… 文法、四句切れ
  66. 049 ながめのち曇りし夜に…… 文法、句切れなし
  67. 050 見せむずと思ひけむやは…… 文法、句切れなし
  68. 051 雲の波月夜に浮かび…… 句切れなし
  69. 052 五月雨の夜半の枕は…… 句切れなし
  70. 053 うたた寝の軒の雨漏り…… 句切れなし、本歌取り
  71. 054 結びかつ消えかつ結び…… 句切れなし、散文取り
  72. 055 雲居より細き雫の…… 句切れなし
  73. 056 青草や濃くもなりゆく…… 単語、二句切れ、本歌取り
  74. 057 五月雨にいぶせきなれど…… 句切れなし
  75. 058 五月雨の降りて暑くも…… 四句切れ
  76. 059 夏引きの暇まだまだ…… 枕詞、二句切れ
  77. 060 五月雨のいよよ降りゆく…… 掛詞、三句切れ、本歌取り
  78. 061 ひとしきり咲きし紫陽花…… 句切れなし
  79. 【ホタル】
  80. 062 三枝の三つの螢は…… 枕詞、掛詞、句切れなし、本歌取り
  81. 063 三一二四のよひの螢は…… 掛詞、句切れなし
  82. 064 ゆく螢いましも逝かむ…… 句切れなし
  83. 【ゲッカビジン】
  84. 065 匂ひ立つ夏月の下の…… 句切れなし
  85. 【七夕】
  86. 066 いかに見む真砂の上の…… 単語、初句切れ、散文取り
  87. 067 見渡せば浜の上には…… 句切れなし、散文取り
  88. 068 年ごろは消えはてにけり…… 二句切れ、三句切れ
  89. 【日照り】
  90. 069 雲の居を白に青にも…… 文法、句切れなし
  91. 070 照る夏は干ると言へども…… 句切れなし
  92. 【梅雨】
  93. 071 曙の里の気色は…… 単語、句切れなし、散文取り
  94. 072 梅雨しげし今しもはるか…… 初句切れ、四句切れ
  95. 073 海の日を恋ひつつ待てり…… 二句切れ、四句切れ
  96. 074 果てなきと思はるる雨…… 四句切れ
  97. 075 果てもなく雨ぞ降りたる…… 二句切れ
  98. 076 大雨やなかばをかしき…… 二句切れ
  99. 077 ここら降る雨を眺めて…… 四句切れ、散文取り
  100. 078 梅雨の夜の棚田の雲に…… 文法、句切れなし
  101. 079 ほの月の影に映りて…… 句切れなし
  102. 080 君かかる梅雨の晴れ間の…… 枕詞、初句切れ
  103. 081 折もしも梅雨の晴れ間に…… 四句切れ
  104. 【梅雨明け】
  105. 082 時もしもいづちの雲居…… 単語、文法、句切れなし
  106. 083 明けにけりいぶせき雨も…… 単語、初句切れ
  107. 084 川涼し山も茂りぬ…… 枕詞、初句切れ、二句切れ、四句切れ
  108. 085 いさな取り海にや行かむ…… 枕詞、二句切れ、四句切れ
  109. 【夏の山】
  110. 086 茂りけり野原も山も…… 文法、初句切れ、三句切れ
  111. 087 里山の木の間の枝の…… 句切れなし
  112. 088 草深く茂りし夏の…… 句切れなし
  113. 089 山ぎはの空もほのぼの…… 文法、二句切れ、散文取り
  114. 090 紫に濃くも薄くも…… 句切れなし
  115. 091 夏の図は前に蟬らの…… 単語、句切れなし、散文取り
  116. 【山水図】
  117. 092 あしひきの山を後ろに…… 枕詞、句切れなし、散文取り
  118. 093 山立ちて滝落ち水の…… 句切れなし、散文取り、絵取り
  119. 【夏の海】
  120. 094 いざ海へ昼はなぎさに…… 初句切れ、本歌取り
  121. 095 夏渚よせてくだけて…… 句切れなし
  122. 096 浜の汐ひく人影に…… 単語、掛詞、三句切れ
  123. 097 うす暗し涼しと思うに…… 句切れなし
  124. 098 月の上ひと泳ぎたり…… 掛詞、二句切れ、散文取り
  125. 【夏祭り】
  126. 099 咲けや咲け空の花火よ…… 初句切れ、二句切れ
  127. 100 心憂きよの中なれば…… 掛詞、四句切れ
  128. 101 上がりては浮きたつ胸も…… 句切れなし
  129. 102 赤く濃き夜の社の…… 句切れなし
  130. 【深緑の候】
  131. 103 青々き葉の連なりの…… 句切れなし
  132. 104 路地裏の軒端に見えつ…… 二句切れ
  133. 105 夏空の下にメダカの…… 四句切れ
  134. 106 草深きかげの夏風…… 四句切れ
  135. 107 夜半も濃き茂みに透けて…… 句切れなし
  136. 108 薄く濃く野辺に匂ふは…… 句切れなし、散文取り
  137. 【盛夏の夕暮れと夜】
  138. 109 明かながき日暮れの影や…… 単語、句切れなし、散文取り
  139. 110 茜にもあはれに照るか…… 文法、二句切れ、散文取り
  140. 111 夕暮れのうす明かきころ…… 句切れなし
  141. 112 暑き夜にはるか虫の音…… 三句切れ
  142. 113 夏月の夜風に誘はれ…… 四句切れ
  143. 114 夏月の夜風に紛れて…… 句切れなし
  144. 115 なほ今日も夜はな明けそ…… 文法、二句切れ
  145. 【盂蘭盆会{うらぼんえ}】
  146. 116 軒先の薄き火影に…… 四句切れ、本歌取り
  147. 117 いざ参る死出の闇路の…… 初句切れ、三句切れ、本歌取り
  148. 【夕立】
  149. 118 夕立やいかに降るらむ…… 枕詞、二句切れ、本歌取り
  150. 119 夕立や軒より漏れる…… 句切れなし、本歌取り
  151. 120 ふと蟬ら鳴き出でたるぞ…… 二句切れ
  152. 121 群雀夕立晴れて…… 句切れなし
  153. 122 茜にもさすか夕立…… 三句切れ
  154. 123 夕立にいぶせきなれど…… 句切れなし
  155. 124 夕立や白に青にも…… 句切れなし
  156. 【セミ】
  157. 125 さて鳴かむと蟬おもはば…… 文法、三句切れ
  158. 126 あな蟬や鳴かであるかは…… 二句切れ
  159. 127 鳥飛びて鳴きし蟬の音…… 単語、三句切れ
  160. 128 あな蟬よ鳴けど鳴けども…… 句切れなし
  161. 129 蟬の鳴く外眺むれば…… 句切れなし、散文取り
  162. 130 聞きつつも風吹く空を…… 四句切れ
  163. 131 暮れがちの夏の夕風…… 句切れなし
  164. 132 地あるく蟬の足にも…… 三句切れ、四句切れ
  165. 【夏の終わり】
  166. 133 吹く風に色は見えねど…… 句切れなし、本歌取り
  167. 134 百日紅日の照る中に…… 三句切れ、四句切れ
  168. 135 片空の涼しき風や…… 文法、句切れなし、本歌取り
  169. 136 聞こえけりかたへ涼しき…… 初句切れ、四句切れ
  170. 137 夕さりてひぐらし鳴くや…… 二句切れ
  171. 138 夏風は人を置き去り…… 句切れなし
  172. 139 はや秋かと眺め思ふは…… 枕詞、文法、句切れなし
  173. 140 茜さす夏も入る日に…… 四句切れ
  174. 141 蜻蛉や夕もはかなき…… 掛詞、四句切れ
  175. 142 涼しやとそのこととなく…… 単語、三句切れ、四句切れ
  176. 143 夏過ぎぬとはそれとしも…… 句切れなし
  177. 144 野を分けてすさびて吹かば…… 句切れなし
  178. 145 夕立をながめせし間に…… 単語、四句切れ
  179. 146 夕暮れになりてたちまち…… 三句切れ、四句切れ
  180. この歌集における代表歌