シャイで可憐な僕の彼女は、スナイパーライフルを構えた。

作者 かぎろ

スコープ越しに見えるのは、綿菓子のように甘く優しい雲の向こう

  • ★★★ Excellent!!!

人以外を撃つスナイパーの少女・砂井さんとその彼氏・兵太くんのお話です。

砂井さんは小柄でちょっと内気なところもありますが、狙撃の腕は天才的。仕事中は凛々しくてとっても男前。
兵太くんはどこにでもいそうな普通の男の子。でも、確かな芯があって人並みならぬ優しさを持っています。
こんな恋人たちがほのぼのと、イチャイチャと平穏な日々を送ります。

そんな本作ですが……甘い。甘いです。綿菓子ぐらいのゲキ甘。
例えるなら、そう、貴方が初めて誰かと付き合って、初めてのデートの約束をした。前日の夜、ベッドで素敵な明日を思い浮かべる。澄み切った青空の下、貴方は精一杯おめかし、やってきたあの人の笑顔、見つめ合えば気持ちまでわかるような気分。きっとこの手を差し伸ばせば握ってくれるに違いない――。
そんな最高の想像だけを切り抜いたかのような甘く優しい作品です。本編中には嫌味や棘が一つも無く、読んでて不安を感じることはありません。一種の魔法に掛けられているような感じで、夢のような時間です。

そんなお話が一話完結で幾つもあるんだから、もう大変ですよこれは。しかも最初は付き合いたての雰囲気だった二人が、どんどん距離を詰めていくのだから溜まりません。一話読む度に盛り上がる一方ですが、忘れてはいけないもう一つの要素、砂井さんのスナイパー要素が非日常のアクセントとして効いています。狙撃シーンや武器商人のリンゼさん等、緊張感のある場面が挿入されることでお話にメリハリがついて一層魅力的に仕上がっています。

超一流スナイパー・砂井さんの本領は正確な予測力。彼女が見通す先、二人の将来や如何に?
どうか貴方も砂井さんがスコープ越しに覗くように、雲前橋の街でデートしている砂井さんと兵太くんを見守ってあげてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

あたし黒髪のようにとけそうな気がするさんの他のおすすめレビュー 50