読み専作家の心象風景を晒してみる

作者 譜田 明人

201

71人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読み手、書き手の気持ちを心得た作者のエッセイ。
どちらの気持ちも分かっていらっしゃるからこその「こうして欲しい」を、具体的なアドバイスで伝えてくださっています。
私自身、このエッセイを拝読しながら執筆中の小説に反映していきました。
確かに、見てくださる方が増えた気がします。
効果を上げるというより、これは多分お互いの配慮や優しさのをどれだけその作品に添加していけるか、なのではないか。そんな気がしました。

読者選考の伴うコンテストに挑戦するのであれば、このエッセイを読むとたくさんのヒントを得られると思います。

★★★ Excellent!!!

読み専の目線も、書き手の目線もどちらも持ってらっしゃる作者様の素晴らしいエッセイです。

書き手なら誰もが悩むであろうタイトルの話。書き手が失いがちな読者様への配慮。読者選考のランキングの話など、書き手として読んで損はない内容ばかりです!

しかもそれらがわかりやすい文章、冷静な筆致で描かれているので、説得力が違います。

書くことや見せ方、投稿の仕方などに悩んでいる方にぜひとも読んでいただきたい一作です!

★★★ Excellent!!!

感動する作品に巡りあった時。
その喜びを誰しも味わったことがあると思います。

読むことを主な目的としているユーザの視点から、その価値観、行動フロー、さまざまな心情を細緻に教えてくれるエッセイです。
また、ご自身も執筆をされ、書き手の気持ちにも触れられているので、どのお話も大きく共感いたします。

「書き手を育てたい」、その気持ちは未来に自分を感動させてくれるであろう作品にもつながる。

わたしも読むのは好きだけれど自分には書けないジャンルがたくさんあり、自分にない才能をお持ちの作者様をどんどん応援していきたいです。
同じ傾向の作品を書く方々とも切磋琢磨して、活字の世界が希薄になってきている今を盛り上げていければ嬉しいと思います。
日本語が持つ豊富な語彙や絶妙なニュアンスなど、次世代に伝えていきたいですし、失われてしまうのは寂しいです。

読んで欲しい、でも何をどうしたら良いのか分からない。
そういう人はたくさんいらっしゃると思います。わたしもその一人です。

こちらのエッセイにはヒントがたくさん詰まっています。
どうぞご一読くださいませ!

★★★ Excellent!!!

読み専の目線のことがしっかり描かれていて、作者としては勉強になるなー!と、感じました!

相手のことを考え、キャッチコピーやレーベルの種類、タイトルのことなど、きちんと書かれているので、自身の作品とまた再度見つめ直すこと間違いなしです!

さて、私も作品を見直さなきゃ!(笑)

★★★ Excellent!!!

読み専さん目線で綴られた、「カク」側の我々にとって大変勉強になるお話です…!!
よく考えたら当たり前の事だけれど、書いてばかりいる作者側が見落としつつある「読みやすさ」、「読者への配慮」、そして「読ませるために必要な事」に気付かされます。
特に「カク」事ばかりに没頭している作者様にぜひ読んで頂きたい。

あなたの書く作品、読ませる努力、していますか? ──シンプルだけど難しい、そんな問いの“答え”に近付けると思います。

★★★ Excellent!!!

物書きでもある読み専さんの視点。
すごく貴重だと思います。
ただひたすら自分の好みに合う作品を探し、感動し、その熱烈な感情を感想として伝えたい、自分の好きな作家を世に知らしめたいとだけ考えているただの読み専とはまったく視点が異なっています。
勉強になりました。
書き手でもある読み専さんはこんなにも考え方が違うのですね。

★★★ Excellent!!!

WEB小説は試行錯誤の連続! タイトルやあらすじで悩んでいる方も多いでしょう。

私も読み手としての観点とアプローチにズレがあり、自分に合った売り込み方がまだ見つからない。こちらのエッセイは非常に助けになりました。

ポイントは、作者様が書き手でもあること。アドバイスが実践的でわかりやすく、糸口を探しやすい。新しいアイデアがすぐに浮かびます。

書き手の皆さん、どんどんトライして読者との出会いを楽しみましょう!

★★ Very Good!!

……と、言われているようでした笑

手漕ぎボートで大海原へ、と描写する時点で、譜田さんがどれだけの作品に触れてきたのかがわかったような気がします。
他人の作品を読むことの大切さを「読め」と突きつけられるよりも、ずっともっとダイレクトに真摯な気持ちをぶつけられた心地です。