読み専作家の心象風景を晒してみる

作者 譜田 明人

286

99人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 カクヨムに関する実体験を余すことなく、なんの出し惜しみもせずに教えてくれる、コンテスト最強攻略法。ここまで具体的な話を聞いてもいいんだろうかという罪悪感を覚える程、有益な情報が詰まっています。コンテスト参加者、必読です!
 読んでよかったです。有益なだけではなく、希望が持てました。

★★★ Excellent!!!

カクヨムでPVや応援、星を得ていくにあたって、作家さんと同じくらいに心を掴まないといけない存在、読み専さん。
最近、私の作品にも増えてきたのですが、そんな方々が喜ぶこと、作者にして欲しいこと、作品にあれば助かることなど、様々な心象を丁寧に綴ってくださっている良エッセイです。

また、カクヨムコンを生き抜くにあたっての、マーケティングや創作論にまで言及されているところも見どころです。

いろいろ参考になりました。本当に。

★★★ Excellent!!!

読み専さん目線のウェブ小説の書き方(勝ち方と言ってもいいかも知れないです!)という、貴重なエッセイ。
書き手の方の参考になるのはもちろんですが、「作者さんはこういうことでモチベーションが上がるのか……!」というのが、あますことなく書いてあります。

特に「光小説」の項は必見です。
わたしもこれをするのが大好きで、日々読み、レビューをせっせと書き、ツイッターに流しているのですが、この行動にこんな風流な名前がついているとは笑

多くの小説投稿サイトで、レビューは、「この作品を読もう」と自分で決めてクリックして初めて目にするものなので、「その作品が読むに値するか」の判断材料にとどまりがちです。
でも、カクヨムは、レビューがトップページに載る!
その作品に出会っていない人に伝えられる素晴らしい仕組みになっています。

どのタイミングでレビューを書いたら作者さんのランキングアップに貢献できるのかなど、応援のコツがよく分かるので、読み専さんにも読んでいただきたいエッセイです。

★★★ Excellent!!!

読者と書き手の経験がある作者だからこそ。
相手が何故そう思うのかを具体的に述べており、読者を理解するためには丁度良い参考書でした。

ただ、飽く迄、参考にして、実践するかどうかは、本作を読んだ書き手次第かと。
考えも違えば、好みも違うのは、読者だけではなく、書き手も同じですので。
鵜呑みにはせず、読んだ後は自分と向き合うのが、ベストかなぁと僕は思いました。

読者に対する疑問。
トゲのある読者。
憂う書き手。
どちらにも悪気はなくて、結局は熱い魂がぶつかり合っての結果なんでしょうね。
元々、読み専の方が書いてくださっているので、改めて双方の気持ちを知る良い機会でした。

大変、勉強になりますので、小説を書き始めたばかりの人や伸び悩んでいる人は、是非ご覧ください。

★★★ Excellent!!!

読み手、書き手の気持ちを心得た作者のエッセイ。
どちらの気持ちも分かっていらっしゃるからこその「こうして欲しい」を、具体的なアドバイスで伝えてくださっています。
私自身、このエッセイを拝読しながら執筆中の小説に反映していきました。
確かに、見てくださる方が増えた気がします。
効果を上げるというより、これは多分お互いの配慮や優しさのをどれだけその作品に添加していけるか、なのではないか。そんな気がしました。

読者選考の伴うコンテストに挑戦するのであれば、このエッセイを読むとたくさんのヒントを得られると思います。

★★★ Excellent!!!

読み専の目線も、書き手の目線もどちらも持ってらっしゃる作者様の素晴らしいエッセイです。

書き手なら誰もが悩むであろうタイトルの話。書き手が失いがちな読者様への配慮。読者選考のランキングの話など、書き手として読んで損はない内容ばかりです!

しかもそれらがわかりやすい文章、冷静な筆致で描かれているので、説得力が違います。

書くことや見せ方、投稿の仕方などに悩んでいる方にぜひとも読んでいただきたい一作です!

★★★ Excellent!!!

感動する作品に巡りあった時。
その喜びを誰しも味わったことがあると思います。

読むことを主な目的としているユーザの視点から、その価値観、行動フロー、さまざまな心情を細緻に教えてくれるエッセイです。
また、ご自身も執筆をされ、書き手の気持ちにも触れられているので、どのお話も大きく共感いたします。

「書き手を育てたい」、その気持ちは未来に自分を感動させてくれるであろう作品にもつながる。

わたしも読むのは好きだけれど自分には書けないジャンルがたくさんあり、自分にない才能をお持ちの作者様をどんどん応援していきたいです。
同じ傾向の作品を書く方々とも切磋琢磨して、活字の世界が希薄になってきている今を盛り上げていければ嬉しいと思います。
日本語が持つ豊富な語彙や絶妙なニュアンスなど、次世代に伝えていきたいですし、失われてしまうのは寂しいです。

読んで欲しい、でも何をどうしたら良いのか分からない。
そういう人はたくさんいらっしゃると思います。わたしもその一人です。

こちらのエッセイにはヒントがたくさん詰まっています。
どうぞご一読くださいませ!

★★★ Excellent!!!

読み専の目線のことがしっかり描かれていて、作者としては勉強になるなー!と、感じました!

相手のことを考え、キャッチコピーやレーベルの種類、タイトルのことなど、きちんと書かれているので、自身の作品とまた再度見つめ直すこと間違いなしです!

さて、私も作品を見直さなきゃ!(笑)

★★★ Excellent!!!

読み専さん目線で綴られた、「カク」側の我々にとって大変勉強になるお話です…!!
よく考えたら当たり前の事だけれど、書いてばかりいる作者側が見落としつつある「読みやすさ」、「読者への配慮」、そして「読ませるために必要な事」に気付かされます。
特に「カク」事ばかりに没頭している作者様にぜひ読んで頂きたい。

あなたの書く作品、読ませる努力、していますか? ──シンプルだけど難しい、そんな問いの“答え”に近付けると思います。

★★★ Excellent!!!

……と、言われているようでした笑

手漕ぎボートで大海原へ、と描写する時点で、譜田さんがどれだけの作品に触れてきたのかがわかったような気がします。
他人の作品を読むことの大切さを「読め」と突きつけられるよりも、ずっともっとダイレクトに真摯な気持ちをぶつけられた心地です。