薔薇鉄冠

作者 八束

96

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

生体干渉魔術によって人工的に生み出された、女王の継承者。
王位を継ぐべく育てられた少女と、「失敗作」として女王の血統についてまわる遺伝病と闘いながら生きる少女。

圧倒的存在感を放つ偉大な女王に魅了されていた男たちは、女王の継承者たる少女にかつての女王を重ね合わせる。
そうした周囲の目に対して、ふたりの少女は異なる反応を示す。

主人公は「失敗作」のほう。
生き延びるために本音と戦略を天秤にかけて柔軟な対応をしていく様は、もうひとりの少女にはない強さだ。そこに惹かれた。

女王、魔術、遺伝病。
これらが密接に関わり合う世界観も違和感なく読ませてくれる。

甘くてドキドキする場面もあり、とても楽しい読書時間だった。

★★★ Excellent!!!

落ちこぼれの少女エリファレットの日常が崩壊し、突如として女王位を争うことになる怒濤の時間を描いた小説です。
これほど短い期間に、エリファレットは見知らぬ他人から向けられる愛情・憎悪・殺意・執着……少女の未熟な心ではとても受け止めきれない数々の濃密な感情を押し込められてゆく。
想像するだに気色の悪い状況でしたね。

そしてそのすべての原点として根差す、エリファレットという人間の生への疑惑。
それはエリファレット自身のものでもあり、周囲の男たちから向けられるものでもある。
エリファレットの視点で読んでいくからまだいい。
しかしもしも違ったら?
もしも違ったら、この小説は本当に救いがなかったし、エリファレットはまったくわけのわからない人物であったと思います。
そういうわけで、エリファレットの、揺らぎつつも「生きたい」「私はエリファレット・ヴァイオレットである」という思いに縋るように読み進めました。

彼女の未熟で定まりきらないからこそ柔らかくしなやかに、強かになっていく心が、物語を導いていきます。
死んでも蘇るという究極の柔軟性。
力こそパワーの獣世界から一歩進み出たものすごい自己犠牲も感じたのですが、エリファレットのしなやかさは見事でしたね。
これは揺らぎのある人物でなければたどり着けない結末だと思います。
ともすれば「強く」「強く」「もっと強く」と女たちに要求しまくり、多様性をうたいながらもシャカイの「一貫性ゲーム」で価値判断をする今(というか私には)、エリファレットの在り方、この揺らぎを肯定することは絶対に必要なのだと思わされた次第です。


ところで私も人間なので、ある時間をたいへんに美化して思い返すことがたびたびあります。
そしてしばらく浸ってから、「いやいや……」と思うわけです。
しかし「いやいや……」と我に返ることのないうえに、その美しい「あの頃」を取り戻すために… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

自分が「誰か」であることって、あまりに当たり前な気がしているけれど、実際はとても相対的なものなのかもしれません。
誰の前にいるかによっても、何をしているかによっても、自分というものは少しずつ形を変え、移ろっていきます。
それなのに自分という存在が一定である気がしているのは、実は不思議なことなのだな、と私はこの作品を読みながら思いました。
もしかしたら自分という不確かな存在を自分自身にしているのは、ささやかだけれどこれ以上ない強い願いなのかもしれない、と。

主人公のエリファレットは、もはや図太いとすら言える安定した人格の持ち主なのですが、自らの出生の秘密に迫るほどに、他者からの「誰か」であれという望みの渦に巻き込まれていきます。それは、エリファレットという個人を腹の立つほどに無視した勝手な願いですが、エリファレットはその「役割」を演じることで己の道を切り開こうとしていきます。

もう、この時点でカッコ良すぎるんですよ。自分を生かすためとはいえ、こうも傷つきそうな道を選ぶなんて、なんて強いんだろうエリファレット……強すぎて心配になる……。

しかし、強くて強くて強いのに、エリファレットはどんどん誰だかわからない存在になっていきます。それほどまでに周りが「誰か」であることを彼女に願う訳も、彼女は知っていくのです。エリファレットという個は、どんどん形を失い、ささやかなものになっていきます。

でもやっぱり、彼女はどうしようもなく彼女自身でしかないのです。

彼女は別の「誰か」を演じるほどに、漸近するほどに、そのあまりに曖昧で、不確かな「自分自身」を、強く意識していくように思えます。

どれほど周りが望もうと、彼女が彼女であることを誰も変えられない。
それがエリファレットにとってどういう意味を持つかはまだわかりません。けれど、私にはそのことがどうしようもなく貴いものに思えます。
続きを読む