竜の夢に巣くう街

作者 koumoto

25

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

眠り続ける竜と壁にかこまれた町、終わりを語る老人たち……果敢なくも美しい幻想譚です。短編というよりも掌編にちかい文章量ですが、重厚な世界観が構築されています。ここから数多の物語が始まりそうな、或いはすべての物語が終わっていくような。

あらゆるものが夢をみるのならば、ここにいるわたしが誰かの夢ではないと誰が証明できるのか。例えば、千年も続く夢を見続けたら、それは現実になるのではないのか。再びに夢の続きを見ることはあるのか……そんなことを考えながら、物語のその先に想いを馳せました。

果敢ない幻想に身を委ねて、暫し思索したい読者さまにおすすめ致します。

★★★ Excellent!!!

一文目から、美しさに引き込まれました。一文一文が鋭く、例えるなら日本刀のようです。無駄なく綺麗で、かつ、想像をかきたててくれます。非常に文章の上手い作家さんです。
自然と竜に共感し、終末こそが次のステージへ進む第一歩のように思えました。
生命の儚さと、世界の強大さを感じさせる作品です。