紙とペンと虚偽の罪人

作者 冬野ゆな

104

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私の所感なのであなたにとっては違うかもしれませんが、すっと胸に入って、サクッと刺された気がします。
この罪人がどうして罪人だったのか、虚偽とはどういった罪で紙とペンとがどう関わるのか。
気になって読んでみると気付かされる感覚。
この世界観は違和感をあるようで違和感をあまり感じない。現実は違うはずなのにリンクしてしまう。
これは良い作品だと思いました。