何でも溶かす液体

作者 澤田慎梧

あの作品を思い出しました

  • ★★ Very Good!!

こういう寓話的な短編は、リアルが忙しい人にも読みやすくて好きです。オチは予測できましたが。

筒井康隆さんの「あるいは酒でいっぱいの海」を思い出しました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

matsmomushiさんの他のおすすめレビュー 4