悪夢はまだ終わらない

作者 山本弘

364

147人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

勿論フィクションでありSFですが、将来無きにしも非ず……そんな風に思える作品でした。
被害者と同じ方法で加害者にも罰を。
きっと誰しもが一度は思った事があるんじゃないでしょうか?

ですが、この作品はそれを凌駕しています。
最高の罰です!
情状酌量の余地のない加害者には人権なんていりません。
遺族からしたらそう思うはず。
こんな未来になって欲しいですねー( ͡° ͜ʖ ͡° )


ジャンルはホラーですが、私は読んでいて被害者の立場に強く移入してしまったようで、恐怖は勿論の事悲しみの感情が強かったです。


個人的には、高学年以上になら読ませても良いと思います。
内容は過激かもしれませんが、描写は過激ではないので。
想像してしまうと過激ですが……(⊙ө⊙;)
防犯予防と犯罪抑止力になるのでは?とさえ思える作品でした。

★★ Very Good!!

ホラーといいながら、ホラーっぽいジャンルやネタを取り扱っているだけで本当に怖い作品は少ないものです。ですが、掌編でもしっかりと怖いのが秀逸。伏線の張り方、予想の上を行く展開なんかはプロの技だなぁと。
ただ、ツッコミ所は満載ではありました……ホラーとしてはいいですが、SFとしては問題かと……だって、どう考えても人権侵害ですもん……

★★★ Excellent!!!

作品紹介文で書いている通り、作者の気持ちも出版社の気持ちも分かります。対象者が小学生なら出版社に、中学生なら作者に賛成かな。
カクヨム公式レビューにある通り、匠の技が冴えています。終盤に差し掛かってオチを見通したつもりでしたが、更なるオチが有って、一本取られた気になりました。途中からの雑音めいた描写にも無駄が有りません。
短編にはMAX2つが信条なんですが、星3つ付けました。

★★★ Excellent!!!

 伏線や物語の流れなど美しい点は様々ありますが(それらは既存レビュに解説を譲るとして)私が注目したのは語彙がマーケットに合致している部分でした。
 沈黙の話とか詩羽の話を知っている人が概要を読まずに本文を読んだら、きっと驚くことでしょう。実際私は驚きました。

 売り出す先にいる読者が、どのような語彙であれば読めて、どのような語彙であれば難しいと感じるか、きちんと考えて書かれている。
 ここが私にとって、ベテラン作家の実力が一番よく見えた場所でした。

★★★ Excellent!!!

タイトルにもある「悪夢」、この悪夢というのは、留守番中に強盗に襲われた女子小学生の体験談を指している。

突然現れた見知らぬ男に理不尽な暴力を振るわれ、ペットを殺され、日常が崩壊していく恐怖と絶望を、女子小学生の視点からじっくり味あわされ、もうこの時点で充分酷いのだが、本作の凄さはその先にある。

こういう場所でプロ作家の作品を選ぶのもどうかと思われるのだが、本作はただ「面白い」だけの作品ではない。
さりげない伏線の張り方や、なんとも言えない後味を残すラスト一行など、話の見せ方が非常に巧みで、技術的に「上手い」作品なのだ。

たとえアマチュアの作品であっても、プロ以上に面白いアイデアが盛り込まれているという作品は決して珍しくない昨今だが、こうした小説の書き方、魅せ方の上手さという点ではやはりプロに軍配が上がる。

小説を読むのが好きという方はもちろん、小説を書く人にとっても非常に参考になるという意味で、カクヨムユーザーの方々には是非読んでほしい一作だ。

短編なので一度読み終わったら、改めて頭から読み直すとより楽しめるだろう。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!


ホラー、
ホラーというのがえーと。
取り敢えず児童向けではないですねうん、
その点は編集さんが正しい、
児童読者視点だと骨は拾ってやるぞですか(何。


VR刑

類作だとカンタン刑 式貴士でしょうか。

昨今、現実世界のVRも急速に発展していますので、
死刑制度の是非を含めその意味でも興味深いですね。
終身自然死まで晒すのが人道的であるのか、
社会制度により排除するのが野蛮なのか。
もう少しすれば十分実現可能に思えますので、
本作、ガンーズバックの様な未来視作品の一つとして、
評価されるでしょうね。
犯罪者というのは自分自身はけっこう「痛がり」なので、
将来的には死刑制度以上の抑止効果も期待出来ますね。

★★★ Excellent!!!

出だしでオチが読めてしまいました。
でも、丁寧な描写がそのオチに至るまで、緊張感を持続させてくれます。

読み終わった後に、誰に共感していたのか、それは正当なのか、種々考えさせられる好短編でした。

児童向けアンソロに載っていたら、どんな感想が寄せられたのか。

★★ Very Good!!

フェッセンデンの宇宙。水槽の脳。
これらを荒唐無稽だと感じる人もいるかもしれないけれど、子供時代の私にとってはあり得るリアルな物語だった。
けれど、大人たちは「それはフィクションに過ぎない」と笑う。
私もいずれ、子供の「リアル」を笑うのだろう。

この物語は、子供の「リアル」に大人が寄り添うことができるホラーだと思う。
私が夢見た物語だ。

★★★ Excellent!!!

児童向けホラーって、どこか荒唐無稽なところがあるからこそ救いがあるように思うんです。
しかしこの作品には、実際にあり得てしまうえげつない展開が描かれています。これは子供が読むにはきついかも。自力で消化できる大人向けの作品だと思います。
いや、大人は行間が想像できてしまうから余計に怖いかも。なんにせよ怖いです!
具体的な描写はほとんどありませんが、何も知らないような子供の口調で書かれていて、それがまたとても恐怖心を掻き立てられます。