働きながら20日で10万字書いてみて分かったこと

作者 既読

266

96人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読者を意識しつつ小説を書く上で、作者が承知しておいた方がよい事が、効率的に語られていて、参考になります。
個人的には原点に帰るという意味で、勉強させていただけました。
書き手の皆様も、自作は何を目指すべきかに迷ったとき、指標の一つとしてご一読されるのをお勧めします。

★★★ Excellent!!!

 正直思いもしなかった。20日で十万字なんて出来るわけないだろうと決めつけて読んでいた私は、最新話まで読んで土下座して平謝りしたい気分になった。

 だって出来ると思わなかったんだから。

 既読さんが書いた「三田村さん」を一通り読んで、改めてこの内容を読み返してほしい。

 自分の問題点をしっかりと理解していて、それを次に繋げようとしている。なにも考えず、更新頻度も遅く一年ほどかけて作品を書いた人はきっと、PV数だけ確認して次の作品をまただらだらと書き始めるのだろう。

 しかし、「三田村さん」を読んだところ、内容がぎゅっとつまっていて分かりやすい。私は既読さんの言う「迷子」にはならなかった。

 この作品の本文で「三田村さん」を書いている途中で方向性が変わった、というところもここだろうなとアタリをつけて考えてみた。

 確かに少し期待してたのと違うかも、と思う。しかしつまっている内容がその違和感を越えて面白く作品を型どっていた。

 短期間に集中して投稿することで、モチベーションをあげることが出来そうだ。

 是非この方法で小説を書いてみたいと思う。

★★★ Excellent!!!

 作者が「20日間で10万字を書く」という課題を通して得た体験が生きている創作論。
 単純に10万字書く中で見つけた点以外にも「WEB小説ならでは」のPVを増やす方法、途中離脱しにくくなる方法なども書かれており非常にためになります。

★★★ Excellent!!!

速筆は物書きの最大の武器で基本だと思っているので、書かれていることにいちいち納得です。10万字という具体的な数字を上げたり、自分の体験を交えたりして説得力があります。
小説を書く人にとても参考になると思いました。おもしろかったです。ありがとうございます。