まおうのくに ~THE LOST DIMENSION~

作者 三田 竜獅

SFという異分子が起こすファンタジーへの化学反応が面白い

  • ★★★ Excellent!!!

SF×ファンタジーという組み合わせは決して珍しいものではありませんが、
この作品におけるSF要素の立ち位置は、完全な異分子です。
ファンタジーな世界に、SF要素が混ざり込んでいる。
しかし、そうする事でファンタジーの要素が、強く際立っている。
進化論を知っているからこそ、魔獣と呼ばれる怪物がより一層異様に見える。
魔法を科学的に解釈しようとする発想が主人公にあるからこそ、理外の技法である魔法の驚異が強調される。とてもおもしろいアプローチです
ひとまず16話まで読みましたが、続きが楽しみです

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ぼくですさんの他のおすすめレビュー 15