サプライズパーティ

寝る犬

サプライズパーティ

「今週の土曜か日曜にさ、お前の誕生日のサプライズパーティやろうぜ」


「お前それ俺に言ったらサプライズにならねぇだろ」


「あぁ、そっか、いや土日のどっちにやるか分からないから、まだギリギリサプライズパーティだろ」


「無理やりだな。もうサプライズじゃなくてよくね?」


「いや、サプライズパーティやりたいんだよ」


「だからもう無理だって」


「なんでだよ」


「いいか? サプライズパーティは土曜日か日曜日に開催されるだろ?」


「ああ」


「と言うことは、土曜日にサプライズパーティが無かったら、土曜の深夜の時点で、必ず日曜日にパーティが開かれると分かってしまうわけだ。それはもうサプライズじゃないよな?」


「そうなるな」


「だから土日のうち、日曜日にはサプライズパーティが出来ない」


「そっか、じゃあ土曜日だな」


「土日のどっちかって言ってるのに、日曜日にサプライズパーティが出来ないってことは、必ず土曜日にパーティが開かれるわけだ。それはもうサプライズじゃないよな?」


「……そうなるな」


「だからサプライズパーティは土日には開催されない。わかったか?」


「……えぇ? なんでだよ?!」


「なんでって……今説明しただろ……」


「いいじゃんか! 土日のどっちかにサプライズパーティがあるって言うサプライズだよ!」


「だからそもそも俺に言った時点でサプライズじゃないんだって……」


「だってお前に用事があったら困るだろ!?」


「あぁ、そういえば日曜は用事があったわ」


「そっか、じゃあ土曜日にサプライズパーティな。忘れんなよ!」


「……お前ってさ、ほんとバカだけどいいやつだな」


 こうして土曜日にサプライズパーティは開催された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

サプライズパーティ 寝る犬 @neru-inu

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ