じゅじゅ 後


 ###


 それは間違いなく、幼馴染の三上翼みかみつばさだった。

「翼!」

 反射的に名前を呼んでいた。聞こえない距離ではないはずなのに、翼は振り返らず。歩く速度を緩めない。

「おい! 翼って! …!?」

 翼の顔が見えた時、俺は気付く。翼の目はまるで思い詰めてるように据わっている。明らかに普通じゃない。

「なあ! 翼! 聞こえないのか? 翼!」

 俺は何度も呼ぶが、翼は何も聞こえないかのように歩き続けた。そのまま翼の住むマンションの前についてしまい、翼はエントランスに消えた。

 なんだあいつ…どうしちまったんだ?

 俺の脳裏に寿の言葉が蘇る。「一般人が強い負の感情を持つことによって無意識に他人を呪うケースもあります」


 ###


 釈然としない気持ちを抱えつつ、俺は家に帰った。玄関で靴を脱ぎながら、あることに気づいた。知らない靴が一足置いてある。学生靴だが、麻織のものじゃない。

 まさか…? 俺は急いでリビングへ向かった。

「おかえりなさい。お邪魔してます、大嶺くん」

 寿潤が、当然のようにテーブルについていた。

「ちょっ…お前、どうして…」

「あら? 新の彼女ちゃんじゃなかったの?」キッチンに立つ母親が言った。

「ちげーよ! 勝手に上げんなよ!」

「…大嶺くん。あの…」

「ただいまー」寿が口を開いた時、ちょうど玄関で声がした。麻織が帰ってきた。

「ねー聞いてよ。今日部活でさ…えっ!?」リビングに入ってきた麻織は寿を見て驚いた。

「この子ね、新の彼女」母が息吐くように嘘をつく。

「えっ!?」麻織もすぐ真に受ける。

「ちょっ…あのな、この人は…」俺の言葉は耳に入らないらしく、麻織はテリトリーを侵害された野良猫のような目で寿をにらんだ。主に胸を。そして自分の発育途上なそれと見比べて言った。

「やっぱお兄ちゃんもあーいうのがいいんだ…」

「何が!?」

「もういい! 死ね!」麻織は走って二階へ行ってしまった。あー…スネるなこりゃ…

「あの…大嶺くん…?」

「ああ、すまん。変なもの見せて。なんで俺の家に来たのかは知らないけど俺もちょうど聞きたいことがあったんだ。お前が言ってた『生霊』についてな。でも、悪いけどちょっと待ってくれるか? まずはあいつの誤解を解かなきゃ」

「はあ…わかりました」

 二階へ上がり、麻織の部屋のドアを叩く。

 返事がない。

「麻織? 入るぞ」ドアを開けた。

 そこには、麻織はいなかった。どころか、部屋中がめちゃくちゃに荒らされていた。

 布団と枕のカバーは引き千切られ、羽毛が散乱していた。本棚は倒されていた。机は傷だらけで、その上の教科書や参考書は破り捨てられている。

 全身からさっと血の気が引くのがわかった。

「麻織!」

 名前を叫んだ。だが返事がない。クローゼットを開くと、麻織の制服、全ての私服がズタズタに引き裂かれていた。

「麻織! どこだ!?」

 もう一度名前を呼ぶ。返事はない。

 心拍数が上がっていくのがわかった。部屋を出て廊下を急いで引き返し、階段を駆け下りる。

「寿! 何が起きてる!? 妹が…麻織が消えた! なあ! ことぶ…」

 俺は絶句する。一階はさっきとはまるで別の場所だった。

 ソファは引き裂かれ、中のスポンジが飛び出している。テレビは画面に亀裂が走っている。観葉植物は倒され、土が撒き散らされている。電球は床で粉々になっている。

 キッチンには母の姿はない。腐りかけた果物や野菜、割れた食器で埋めつくされている。

 混沌カオス。まさに混沌だった。唯一さっきと同じなのは、テーブルに座る寿ただ一人だった。

「なんだよ…これ…おい寿! 何が起きてんだよ! 母さんは!? 麻織は!?」

「一体どうしたって言うんですか? ?」

 寿は、そう言った。

「何言って…」

「落ち着いてください、大嶺くん。一つ質問があります」

「そんな悠長なこと言ってる場合じゃ…」

「大嶺くんは、?」

「は…?」

 寿が何を言っているのか、まったく分からない。息が荒くなっていく。俺は思わず手で顔を押さえた。

 ––––臭い。

 異臭が部屋の中に充満していた。肉が腐るような匂い。そして…血の匂い。

「どうして?」

 声が聞こえた。あの朝の声だ。徐々に大きくなっていく。

「どうして?」

「どうして?」

「どうして?」

 俺は声が聞こえる方へ、匂いが漂ってくる方へと導かれるように歩き出した。洗面所のさらに奥、バスルームへと。

 バスルームは、真っ赤だった。

 まるでペンキをぶちまけたかのように、壁が、床が、天井が、赤で染まっていた。ただ、ぶちまけられたそれは、ペンキではなく血液だった。だから鮮やかな赤ではなくどす黒い赤で、すでに乾き始めていた。

 誰の血だ? この血液は誰のものだ?

 俺はバスタブを見る。蓋がしてあって中が見えない。だが、バスタブの中からも血がしたたっている。俺は震える手で蓋をどけた。

 そこには、三人の人間が詰められていた。

 うちのバスタブは広いけど、さすがに三人は入らない。だから詰めやすいようにするためか、三人はそれぞれ

 腕と、脚と、胴と、頭に。

 まるで組み立てる前のプラモデルのように。

 吐き気がこみ上げる。あの声が、耳元で聞こえた。

「どうして殺した?」

 それは。

 バスタブに詰められた、彼らの声だった。

 

「私に見えない、ということは、あなたの幻覚だったんですね」

 いつのまにか、寿が後ろに立っている。

「なんだよ…これ…」

「大嶺くんの方が良く知っているはずです」

 嘘だ。嘘だ、嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ。

 俺はどこにでもいる普通の高校生で、平凡だけど幸福な家族で、父親はざっくばらんながらもいつも見守ってくれて、母親は毎日弁当を作ってくれて、麻織はいつまでたっても俺に甘えたままで……。

 そうだ、だから、


 父が言う、こっちを見ようともせずに。

「高校を卒業したら家を出てくれ、それがお前のできる唯一の親孝行だ」

 母が言う。心底めんどくさそうに。

「は? なんで私があんたの夕飯を作んなきゃいけないの?」

 麻織が言う。まるで虫の大群を見るような目で。

「あのさあ、なんで生きてんの? あんたが肉親ってだけで一生の恥なんだけど」


「…だから殺したんですか?」

「だってだってだってだってあああああ愛してくれなかったから、だから、だからだからだからバラして、組み立て直せばって。わ悪くない、悪くない、俺は悪くない! 俺は俺は俺はあああああ!!」

「あなたが悪いのかどうか、残念ながらもう裁くことはできません」

 寿が、そう言った。

「言いましたよね。霊が突然見えるようになるきっかけは、他者に呪われるか、隔世霊能が目覚めるか…実はもう一つあるんです。

 俺は走り出していた。リビングを抜け、階段を上り、俺の部屋の前に立つ。

 ドアを開ける。そこには。

 


 ###


 依頼人、三上翼みかみつばさは大嶺新について次のように語った。

「新くんとは子供の頃から友達だったんです。家に行ったこととかはないんですけどよく遊んでて。…私、昔から人付き合いが苦手で、中学の時にいじめられちゃったことがあるんです。でも、新くんはいつも励ましてくれて、それで、新くんのおかげで高校では友達もできて楽しくやってるんですけど…」

「なにがあったんですか?」

 話を聞いていた霊能者、寿潤は尋ねた。

「この間、道で久しぶりに新くんを見かけたんです。でも彼、まるで人が変わったみたいで…目は虚ろだし、ずっとぶつぶつなにか呟いてるし、それこそ何かに取り憑かれたみたいに」

「それで私たちに依頼されたんですね?」

「はい。新くんに電話したんですけど、全然繋がらないんです。家にかけても…」

「なるほど。話は分かりました。私にお任せください、彼が霊に取り憑かれていなかったとしても、私の力で彼の家庭を詳しくを調べて、何とか出来そうな他の霊能者の方に掛け合ってみます」

「ありがとうございます。どうか新くんを…助けてください」

 そう言って三上翼は頭を下げた。


 ###


 新と接触した潤は、すぐに違和感を覚えた。翼の語った人物像とまったく違ったからだ。しかも、霊を視認している。昼休みのあと担任の教師に聞いてみると、案の定大嶺新はだった。潤はこの地区に潤と共に派遣された同僚の霊能者に大嶺家を調査するように頼んだ。

 まさか、彼がすでに死んでしまっているとは。それも、家族と心中していたとは。

 潤としてもそれは大きな誤算だった。だが、こうなってしまった以上、霊能者として潤は新を除霊しなくてはならない。

 葬刀を携え、新を追った潤は、階段で新の絶叫を聞いた。自分の死体を見てしまったのだろう。潤が部屋に着くと、霊の新は自分の死体の下でうずくまっていた。

「大嶺くん…」

 その時、新の体が歪み出した。胴が伸び、膨らみ、腕と脚が次々に生えていく。顎が外れるほど口が開き、牙が生える。

「まずい…! もう異形化を…」

 潤はとっさに葬刀を構えたが、完全に巨大な百足むかでと化した新は素早く潤の手から得物を弾き落とした。

「……ッ!」

 潤が怯んだ隙に新は体をくねらせ八本に増えたその腕で潤の腕、胴、脚を掴んで拘束し、壁に抑えつけた。残りの二本の腕は潤の首をがしり、と捕えた。

 新は咆哮した。それはまるで、新たな生き物の産声のようでもあった。

 潤は必死にもがくが、八本の腕で押さえられてはさすがに身動きが取れない。

「ねえ、なんで? なんで俺の腕が、脚が、こんなに多いの? ああ、そうか。これはの腕なんだね。俺たち、やっとなれたんだね。あははは、あは、ねえ、母さん、父さん、麻織。ずっとずっとずっとここで暮らそうね。–––こいつを殺したら!」

 潤の首を掴む手に力が込められる。

「ぐ…あ…いいえ新くん、あなたは…」

 ぞぶっ、と、新の体で音がした。胸を見ると葬刀の刀身が飛び出していた。

 どうやって、いや、

 新は振り返る。コートの裾が見える。

 電話ボックスの、あの女だった。


 ###


「もしもし? 須藤すどうさんですか? 例の依頼ですが…本当ですか? 家族も…? …はい、分かっています。私が今日中に除霊します」

 電話を終えた潤は携帯をポケットにしまうと、目の前の電話ボックスを見据えた。中にはこの季節だというのにコートを着た女がずっと何事かを呟いている。

「申し訳ありませんが、万が一のため力をお貸しください」


 ###


 新は気づく、自分が潤の膝枕で眠っていることを。身体は醜く変形したままだった。だが、脚の方から徐々に崩れていこうとしていた。

「ああ…俺、死ぬのか。いや、もう死んでたか」

「はい」

 潤は静かに答える。

「私、実は霊能者の中でも死霊使いネクロマンサーと言って、幽霊を操れるんです。幽霊の方は異形化しない限り誰でも私の命令を聞いてくれます」

「そうか…」

 新は口を開く。そして、ずっと誰かに聞いて欲しかった話を始めた。

「あのさ、寿。俺さ、ずっと『どこにでもいる普通の高校生』に憧れてたんだ。結局なれなかったなあ…それどころかこんなバケモンになっちまった。…なあ、寿、お前は俺を除霊するように依頼されたのか?」

「…いいえ。『大嶺くんを助けるように』と」

 新は微笑んだ。誰かが自分を救おうとしてくれた。それだけで、新は少しだけ救われたような気がした。

「はは…は、ごめんな。…ごめんなさい、ごめんなさ…」

 誰への謝罪だったのか、分からないまま、新は消えた。

 潤は立ち上がり、葬刀を手に取る。そして、電話ボックスの女と向き合った。

「ご協力ありがとうございました。秋子あきこさん。あなたもどうか安らかに…」

 そう言って、潤は秋子の胸を刺した。新と同じように、秋子も崩れて消えた。

 それを見届けると、潤は家を出た。

 あとは静寂が、大嶺家をいつまでも包んでいた。


 ###


 何台ものパトカーが、大嶺家を取り囲むように停まっている。家の中からは、捜査官たちの手により、この家の住人だったものたちが次々と運び出されていく。その様子を野次馬たちが遠巻きに眺めている。

 その中には、三上翼と寿潤の姿もあった。潤から新の最期を聞いた翼はショックで震え出した。

「わ、私が、私がもっと早く依頼を出していれば…新くんは…」

「それは違います。決して三上さんのせいなどではありません。…新さんは死んでなお、三上さんのことを気にかけていましたよ」

 それを聞いた翼はその場で泣き崩れてしまった。かける言葉が見つからず、潤はその場を立ち去った。

 それを追いかけるように、野次馬の一群からひとりの男が離れた。

「よお、ジュジュ。相変わらず見事な仕事だな」

「須藤さん…そのあだ名はやめてください。それに、今日の仕事は失敗です」

「へえ、意識が高くていらっしゃる。さすがさんは違うな」

 潤がにらむと。須藤は笑った。

テーブルの上には睡眠薬があった。あれで家族を眠らせ、惨殺したのち、精神が錯乱して家中で暴れ最後に自室で首を–––そう警察も結論づけるだろう。

「ま、とにかくご苦労だった。ゆっくり休んでくれ…と、言いたいところだがそうも言ってられない。次の依頼だ」

 そう言って潤に封筒を手渡した。

「そんなにこの街は多いんですか」

「ああ、異常だ。今調査中だが、難航している」

「退屈しなさそうですね…」

 潤は自嘲気味に言った。夜空を見上げ、月を探す。しかし、今日は新月だった。

 パトカーの明滅する赤い光が、二人を照らしていた。


(了)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

じゅじゅ 菊沢博也 @yohuka1999

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ