睡魔には潔く負けを認めよう

作者 菊沢博也

12

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


好きな夢。それも実感のある夢を見れるとすれば何が見たいですか?
十中八九エロい夢だよと本作の悪魔こと睡魔は言う。
……、まあ、うん、せやな。

そこから始まるお話に、あれまちょっとえっちなお話か。もしくは、そのせいで罰が当たるお話かな? と思いきや。
どんでん返しのように始まったのは純粋すぎて眩しいほどの物語。

少年は睡魔の予想外な夢ばかりを見続ける。
どうしてか。

明かされていく秘密や、嫉妬し邪魔をしてくる同僚、そしてある意味で信念を貫き続けるサブキャラ達。
とても魅力的で心温まる優しい少年と睡魔の物語でした!

★★★ Excellent!!!

主人公の夢を売る悪魔さんが私的にとても好きな性格をしてまして、面白く楽しく読み進めていったら…。まさか、まさかホロリがあるだなんて、予想していませんでした。

何がって、ひたすら可愛いのです。レムさんとそのお客である男の子が。
ピュアなんです。輝いているのです。甘~いのです。甘酸っぱいのです!

二人の可愛さと純粋さと初々しさにあてられてしまい、私の語彙力はどこか夢の彼方に飛んで行ってしまいました。

レムさんのドライな性格が良い味を出していますし、テンポが良いのですいすいサクサクと読む事が出来ますが、前述の通りそれだけでは終わりません。
はっとなり、ちょっと胸が苦しくなるポイントがあります。
ですがそこがあるからこそ、この小説は更に輝いているのではと感じます。

これを純愛といわずに何と言うのか。ラブコメと純愛を探し求めている型は、ぜひご一読を!
あともう一度。レムさん可愛いです。