九十九坂始の、九重八重との、すこしふしぎな恋物語

作者 ふでや けいすけ

111

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人生初の一大決心の筈なのに、横槍が入っては抜け、入っては抜け…
自分を信用していいのか分からなくなった所で●●●。というのがとても感慨深いです。
シンプルな答えなのかもしれませんが、気付くのは難しい。遠回りしてでも、この考え方に行きつく事の出来た主人公は、素敵で、羨ましいなと思いました。

★★ Very Good!!

なるほどこれは面白い!
短編は、読者の心を一発で掴むキャッチーさが求められるといいますが、このアイデアは秀逸ですね。
勢いそのまま、ラストまで一気に読めること請け合いです。
読むか読むまいか、迷っているそこのあなた。「読まないと後悔するよ」って、未来のあなたが現れるかも知れませんよ。

★★★ Excellent!!!

幼馴染みに告白すると決めた主人公。
果たして告白は成功するのか。
おや、誰かが来たようだ……

主人公の『俺』が次々に登場する。
ヒロインはなかなか登場しない。
このまま終わるのかと思わせておいて、最後に……
この演出はズルい!(褒めています)
余韻の残る終わり方が秀逸なSF短編。
ぜひ読んでみてください!