九十九坂始の、九重八重との、すこしふしぎな恋物語

作者 ふでや けいすけ

読了後の余韻が楽しめるSF短編小説です。

  • ★★★ Excellent!!!

幼馴染みに告白すると決めた主人公。
果たして告白は成功するのか。
おや、誰かが来たようだ……

主人公の『俺』が次々に登場する。
ヒロインはなかなか登場しない。
このまま終わるのかと思わせておいて、最後に……
この演出はズルい!(褒めています)
余韻の残る終わり方が秀逸なSF短編。
ぜひ読んでみてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

とら猫の尻尾さんの他のおすすめレビュー 77