記憶を追って…

リエミ

記憶を追って…


 飲食店の片すみに、いつも一人のお爺さんが座っていた。


 店の店長は、もうその光景にはすっかり慣れていたので、毎日お爺さんに、料理を多めに出していた。常連客へのサービスだ。


 店長は、手が暇になると、お爺さんの側へ行き、他愛もない会話を楽しむ。


 毎日そうしているうちに、お爺さんは、自分の身の上話を語り始めた。


 それによると、こうだ。



 お爺さんは絵描きだった。


 手にスケッチブックを持って、外を散歩するのが趣味。


 ある昼下がりのこと。


 お爺さんは、その日もスケッチブックを手に、散歩をしていた。


 が……そこから記憶が飛んでいた。


 気がつくと、なぜか全身びしょ濡れで、川原に寝そべっていたのだった。


 スケッチブックも、どこで放したのか分からない。無くなっていた。


 お爺さんは、少しボケていたのだろうか……?


 よく分からないまま、家に帰り、そしてまた、新しいスケッチブックを買った。



 あの日、なぜ自分はびしょ濡れになっていたのだろう。


 お爺さんは、毎日、謎を解き明かしたいと、店の片すみで考えている。


 家から近い、この飲食店は、落ち着いていて居心地がいい。


 考え事をするにはちょうどいいと、毎日足を運ぶのだった。



 他にすることもないので、ただお爺さんは、スケッチをしている。


 店の風景、客の表情などを描いては、店長やその客から、自分の才能を、そっと覗き込まれている毎日だった。




 ある日、店長の子供が、お爺さんにこんなことを言ってきた。


「ねぇ、お爺ちゃん。絵がとっても上手なんだから、あの日、覚えている川原を描いてよ。僕が謎解きを手伝ってあげるからさ」


「それはいい。そうしなよ」


 店長も賛成して、お爺さんに言った。


「記憶をたどっていけば、いつか真実を思い出すよ」


「そうかのぅ……」


 お爺さんはなんとなく、子供や店長に促され、スケッチをし始めた。




 最初に描いた一枚は、びしょ濡れになって倒れていた、あの川原だった。


「これなら僕知ってるよ! 学校の近くの川でしょ?」


 子供は楽しそうに、お爺さんのスケッチを眺めた。


「川で魚が釣れるんだよ」


 それを聞いて、店長も言った。


「お爺さん、その日川原で、魚獲りをしていたんじゃないかい? 夢中になってスケッチブックを手放し、全身びしょ濡れになりながら、遊んでいたんだろう」


「いやぁ……どうもそんな気はしないのだがねぇ……」


 お爺さんは首をひねって答えた。


「おや、まてよ……。わしは靴も無くしていたんじゃ。家に帰るまで、裸足で歩いた記憶があるぞ」


「ほーら、やっぱり。お爺ちゃん、素足で川に入ったんだよ」


 子供は声を高めて言った。


「ねぇ、もっと思い出して、お爺ちゃん!」




 子供は協力して、その日から、お爺さんが描いたスケッチと同じ場所の風景を、実際にそこへ行って、写真に撮ってくるようになった。


 その写真をお爺さんに見せる。


 お爺さんのスケッチと写真の風景は、ピタリと一致した。


「よぅし、もう一枚描いてみるかのぅ」


 お爺さんの脳ミソが活性化され、いろいろと思い出すようになった。




 次に描いたのは、長い橋の絵だった。


 それを見て、店長が言った。


「山の上の橋じゃないか? この付近では、おいしい山菜が採れるんだよ」


「お爺ちゃん、山へ行って山菜採りをしていたの?」


 子供は言う。が、お爺さんは首を振った。


「いや……ワシはなぜかは分からんが、何かここで、やらねばいかん気がしていたんじゃよ。うう、それが何だったか、思い出せん……うう、頭が痛い」


「お爺さん、今日はもういいよ。無理をしちゃいけない。また明日、少しずつ思い出せばいいさ」


 店長はお爺さんをいたわって、お爺さんもスケッチブックを手に、自分の家へ帰ることにした。


 帰り間際に、子供は言った。


「お爺ちゃん、僕、思い出せるように、また明日、橋の写真を撮ってくるよ。お爺ちゃんがやらなければいけないこと、きっとできるように、応援しているからね!」


 お爺さんは、優しい子供に見送られて、家路についた。




 その晩のこと。


 お爺さんは急激に、事の真相を思い出した。


 思い出した場面を忘れないように、急いでスケッチを描き始めた。


 五、六枚描いたところで、お爺さんはそのスケッチブックを持って、外に飛び出した。


 真夜中だった。


 そのお爺さんの奇抜な行動を止める人は、一人もいなかった。


 お爺さんはすでに奥さんを亡くしていて、一人身だったからだ。


 スケッチブックは、通りかかった、いつも通うあの店の前に、置いてきた。


 そして山を登り、長い橋の前まで来た。


 お爺さんは橋から眼下を眺め、靴を脱いだ。


 眼下には小川が流れていた。




 次の日、店長は、写真を撮って帰ってきた我が子の様子がおかしいことに、気がついた。


「どうした。そんな怯えたような顔をして。写真は撮れたのか?」


 店長は、今朝からちょっと、気になっていた。


 というのも、朝、店を開ける時、店の前にお爺さんのスケッチブックが落ちていたのを、拾ったからだ。


 見ると、五、六枚、新たな絵が追加されている。


 描き殴ったようなそのスケッチには、どこか暗い山の中や、そして深い水の色、その中で溺れているようなお爺さんの姿があった。


 本当はもっと早く子供に伝えるべきだったかも知れない。が、まだそうなるとは、思ってもいなかったのだ。


 だが、子供の撮ってきた写真を見て、店長は後悔の念に襲われた。



 写真には、橋の前にきれいに揃えられた、お爺さんの靴。


 橋の上から撮った小川に、横たわったお爺さんが、血まみれで写っていた。




 救急隊が小川へ駆けつけた時、すでにお爺さんはそこにはおらず、学校の近くの川原へ、水の流れで流れてきていた。


 後に聞いた話では、お爺さんは奥さんを亡くしてからというもの、何度となく自殺を試みては、上手く死ねずに、悲しみに浸っていたという。


 前回は、橋から落ちたショックで、記憶喪失になり、自分が死のうとしていたことも、忘れていたらしい。


 そんな時、子供が言ったのだった。


「僕が謎解きを手伝ってあげるからさ。もっと思い出して、お爺ちゃん!」




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

記憶を追って… リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画