魚の声は雨音に似ていた

作者 高羽慧

美しくゆらめく彼らの後を追わずにはいられない。待って、お願い――。

  • ★★★ Excellent!!!

しなやかな体躯のきらめきを持つ魚たち。
そこには、なんらかの意志がたゆたゆと。

夢と現実の境目はどこにあるの。
現実と幻覚の境界線とはどこに。
過去と現実と未来が交錯した時。

ゆらゆらゆらゆら。
ふわり飛んでまた。


心揺さぶられる作品でした。
本当に、本当にありがとうございます!






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

糸乃 空さんの他のおすすめレビュー 285