ひよこ触れ合いデー

リエミ

ひよこ触れ合いデー


「ねぇ、お母さん」


「なぁに、ぴよちゃん」


「またあのおじさんが来て、わたしを連れてゆくのよ」


「そうね。でもぴよちゃんだけじゃないでしょ、みんなもでしょ?」


「うん、そう。たくさんのぴよを、大きなサクに入れて、それからたくさんの子供たちが来て、追いかけるの」


「それはぴよちゃんたちがカワイイからよ」


「でもとっても怖いよう。お母さん、今日はサクの側にいて、ぴよちゃんたちを見ててね」


「わかった、わかった。あっ、ほらぴよちゃん。今日もあのおじさんが来たわよ。いってらっしゃーい」


「ぴよぴよぴよ」


「やあ、みんな! 今日も元気かな? さあ、こっちへ集まるんだ。『子供たちひよこ触れ合いデー』が始まるよ。お母さんたちは、ほら、このエサでも食べてタマゴでも産んでなさい」


「コケーッ、コッコッコ」


「あっ、お母さんどこへゆくの。ぴよちゃんを見ててよー!」


「見てるわよ、ほらね」


「うそ、見てないじゃない」


「見てるってば。あー、おいしいわねぇ」


「もう、お母さんたら」




「さあ、子供たち、ひよこを優しく触ろうね!」


「わーい」


「わー、かわいいー!」


「ちっちゃーい!」


「ぴよぴよ鳴いてるー!」


「あ、こら待てー」


「わー、ふわふわしててかわいーよー」


「あたしにも触らせてー! わー」


「えーん、お母さーん!」


「あら、どうしたのぴよちゃん」


「えーん、人間の子供たちが、ぴよちゃんをふかふかするよー!」


「まあ、抱っこされてて、いいわねーぴよちゃん」


「えーん、怖いよー、えーん」


「もう、ぴよちゃん。そんなに泣かないの! お姉ちゃんでしょ!」


「えっ、お母さん、またタマゴ産んだの?」


「お母さん、いくらだって産むわよ、コケッ!」


「あっ、タマゴだ! わーい、わーい」


「あっ、タマゴだ」


「あっ、おじさん! それはうちの子……」


「今日は卵かけご飯だな」


「えっ、待ってくださいな、おじさん!」


「ひよこもそろそろ、貰い手を探さないとなぁ」


「あらま、ぴよちゃん! もうお嫁に行くの?」


「えーん、イヤだよー!」




「ねえ、おじさん」


「何だい、たろうくん?」


「あのね、はなこちゃんが、ひよこのハネをむしってるよ」


「えっ! それは困るな! はなこちゃん、やめなさい」


「おじさん、はなこちゃんはあっちだよ」


「あ、そうかい? はなこちゃん、はなこちゃん」


「あっ、お母さーん、助けてー!」


「どうしたのぴよちゃん!」


「人間の女の子が来るよー!」


「はなこちゃん、やめなさい」


「キャー!」


「ぴ……ぴよちゃん!」


「……あーあ、はなこちゃん。ひよこを踏んじゃいけないな」


「はなこちゃん、いけないんだー」


「あー、はなこちゃん、どうしたのー?」


「えー? ひよこさんかわいそー」


「かわいそー」


「ねー!」


「ねえ、みんな、おじさんの所に集まって!」


「なに、おじさん」


「なに?」


「このひよこさんをこんな風にしちゃ、いけないよ。みんな、よく覚えておくんだよ。ひよこは優しく触ろうね! わかったかい?」


「うん! わかった!」


「はーい!」


「よし、じゃあ戻っていいよ!」


「わーい」


「わーい」


「さてと……今日は卵かけご飯と、雛鳥の肉の夕食か。また定番メニューになってしまったな」




◆ E N D

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ひよこ触れ合いデー リエミ @riemi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ