記憶の欠片、夕空を舞う

作者 星崎ゆうき

現在、今ここにいる事の大切さを教えてくれる物語

  • ★★★ Excellent!!!

記憶を明日まで持ち続ける事が出来ないヒロイン。

かつて恋人同士だった主人公は、自分の存在まで忘れられてしまってどんなにショックだった事か。

それでも諦めずに、記憶の手掛かりとして彼は彼女にスケッチブックを渡します。しかしそのスケッチブックは……。

ヒロインの悲しみ、そして辛さを象徴するタイトルですが、ハートウォーミングなラストシーンが印象的な、素敵な作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

駿 銘華さんの他のおすすめレビュー 34