正義のヒーロー、文芸部

作者 水城たんぽぽ

誰が何と言おうと、ヒーローはそこにいる。

  • ★★★ Excellent!!!

正義のヒーロー、という言葉の響きは、いつか子供っぽく、馬鹿馬鹿しく聞こえるようになってしまうのかもしれない。
でも、だからといってその輝きは失せるわけではないし、無かったことになるわけでもない。

憧れ、そうありたいと願い、動き続ける限り、正義のヒーローは死なないのだと思いました。

作中に繰り返し繰り返し出てくる「正義のヒーロー」は、主人公の夢として、理想として、そして最後にとある形となって現れます。
積み重ねた行動、貫いた信念が実を結ぶそれは、確かな一つの完成形ですらありました。

全て読み終えた人の心の中にも、きっと正義のヒーローが生まれていることでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

幼い頃に「ヒーローになる夢」を打ち砕かれ、その傷にいまだ苛まれる大学生が、それに向き合い、立ち向かい、そして––––、
と、この続きはぜひ本編にて、あなた自身の目で確かめて欲しいのです。

特筆すべ… 続きを読む

菱河一色さんの他のおすすめレビュー 30