鯨の骨が朽ちるまで

作者 夢見里 龍

泡沫の夢に鯨は泳ぐ

  • ★★ Very Good!!

鯨の死骸のような建物中で、主人公は彼と出会った。
互いに名乗らず共に過ごす夏。

誰もが多少は考えたことがあるだろう。

自分のことを誰も知らない場所に行ってみたい――

だれも彼もが自分のことを知っている。知られている世界で溺れて息が出来なくなったとき、主人公は彼と出会った。

息が出来る静かな世界。終わりは初めから決められていた。
それでも主人公は彼に会うため足を運ぶ。

終わりが来るその日まで。
泡沫の夢の如く。

とても静かな世界観です。
そして、見たことのない『絵』が『音』がまるで目の前に映像として浮かぶほどに丁寧な文章と言葉選びが並びます。
どこの誰とも知れぬからこそ、心が通うこともある。
そっと静かに救い救われることもある。
最後に何が待ち受けていようとも、それが彼との邂逅が夢ではなかったと言う証。
どうかそっと寄り添ってみませんか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

橘紫綺さんの他のおすすめレビュー 53