真夜中から黄昏まで

作者 サトヒロ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全71話

更新

  1.  登場する人物とロボット
  2. 第一幕
  3. 第一章 それは真夜中から始まった
  4. 1 ニ〇七五年九月一日午前〇時を告げる鐘楼の鐘の音が鳴る
  5. 2 戸倉絵美は賢い女だ  でも好きになれない
  6. 3 戦友にさよならの敬礼を
  7. 4 ドクター桂木が出した三つの条件
  8. 5 老兵は消え去らない
  9. 6 少女が新しい任務を持ってきた
  10. 第二章 チームリーダーは、18歳の少女
  11. 7 3匹の犬と一羽の小鳥
  12. 8 ジャンとの再会
  13. 9 桜子ロングヘヤーをカットする
  14. 10 お兄ちゃん、と桂木ドクターが言った
  15. 11 命のペンダント
  16. 12 麻莉婆さんからの贈り物 如意棒
  17. 13 シベリア前線基地 クラスノヤルスクの南南西
  18. 14 作戦行動計画
  19. 15 最高指導者ローランは魔女かもしれない
  20. 第二幕
  21. 第三章 ジュンガルへの道
  22. 16 巨大蜘蛛が砂漠に舞い降りる
  23. 17 武力集団ガルバンに弟が連れ去られた、とジュンガルの使者が言った 
  24. 18 食事担当の桜子が起きてこない 
  25. 19 桜子、ジャンから如意棒の使い方を教わる
  26. 20 モンゴルから来た家族 
  27. 21 多数決で決めたら、と桂木ドクターが提案した
  28. 22 敵はガルバン三十騎 桜子が果敢に挑む
  29. 23 ドルマー、バートル、マイラムベックの三人を救い出す
  30. 第四章 最高指導者ローランと臓器提供者マ―ラ
  31. 24 辿りついた先は土楼の砦
  32. 25 臓器提供者マ―ラの願いはただ一つ
  33. 26 筆頭執政官カリム・ゴロフキン
  34. 27 要塞都市ジュンガル
  35. 28 ローラン、桜子に緋色のマントを贈る
  36. 29 モンゴルの少女 ドルマー
  37. 30 折り紙工法の手術室
  38. 31 手術用ロボットヒラゲン、ジャンの頭部を手術する
  39. 32 マ―ラは生きているのか、死んでいるのか
  40. 33 ローランの体は悲鳴を上げていた
  41. 第三幕
  42. 第五章 魔女は覚醒する
  43. 34 臓器移植と記憶移植
  44. 35 桜子、マ―ラの遺体に献花する
  45. 36 ローランは夢を見るのか
  46. 37 わたしの名はローランマ―ラである
  47. 38 桜子、成田、桂木、全員囚人になる
  48. 第六章 ガルバン戦記
  49. 39 ガルバンの奴隷になるか。それともガルバンと戦うか
  50. 40 ガルバン征討軍司令官ララモント
  51. 41 砂塵と幻の戦車軍団
  52. 42 桜子,奴隷を開放する
  53. 43 桜子部隊に栄光あれ
  54. 44 成田毅の援護作戦
  55. 45 ガルバン補給部隊を捕捉する
  56. 46 桜子、ララモントから部隊長を解任される
  57. 47 ローランマーラの指令は、ガルバンを殲滅せよ
  58. 48 桜子は戦場の天使か
  59. 第四幕
  60. 第七章 わたしたちは仲間
  61. 49 ローランマーラとの帰還交渉
  62. 50 桜子、綾人と共に日本へ旅立つ
  63. 51 桂木ドクターとの再会
  64. 52 成田毅、再び投獄される
  65. 53 待ち受ける者は、裏切り者
  66. 54 桜子絶対絶命
  67. 55 さよなら愛しのジャン
  68. 56 ドルマーとグレイ
  69. 57 策略
  70. 58 絶望の向こう側にあるもの
  71. 59 バイバイマーラ、医学は魔力に勝てるか
  72. 第八章 黄昏に向かって走れ
  73. 60 さらば、ジュンガルの兵士たちよ
  74. 61 ジュンガルの天使と日本のジャンヌダルク
  75. 62 モンゴルの雪原を行く
  76. 63 命のペンダントを使うか、ミサイル発射台を壊滅させるか
  77. 64 シベリア特急貨物便
  78. 65 生き残れるか、最後の戦いが始まる
  79. 66 蜘蛛対蟻 アンドロイド激闘
  80. 67 黄昏よ、時間を止めて 
  81. 68 二〇七五年十一月三十日の日没を告げる鐘楼の鐘が鳴る
  82. 69 ジャンは蘇らない
  83. 机上の日誌
  84. 70 「二〇七五年九月一日真夜中から十一月三〇日黄昏まで」