真夜中から黄昏まで

作者 サトヒロ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全23話

更新

  1.  登場人物
  2. 第一幕
  3. 一章 それは真夜中から始まった
  4. 1 ニ〇七五年九月一日午前〇時を告げる鐘楼の鐘の音が鳴る
  5. 2 戸倉絵美は賢い女だ  でも好きになれない
  6. 3 戦友にさよならの敬礼を
  7. 4 ドクター桂木が出した三つの条件
  8. 5 老兵は消え去らない
  9. 6 少女が新しい任務を持ってきた
  10. ニ章 チームリーダーは、18歳の少女
  11. 7 3匹の犬と一羽の小鳥
  12. 8 ジャンとの再会
  13. 9 桜子ロングヘヤーをカットする
  14. 10 お兄ちゃん、と桂木ドクターが言った
  15. 11 命のペンダント
  16. 12 麻莉婆さんからの贈り物 如意棒
  17. 13 シベリア前線基地 クラスノヤルスクの南南西
  18. 14 作戦行動計画
  19. 15 最高指導者ローランは魔女かもしれない
  20. 第二幕
  21. 三章 ジュンガルへの道
  22. 16 巨大蜘蛛が砂漠に舞い降りる
  23. 17 武力集団ガルバンに弟が連れ去られた、とジュンガルの使者が言った 
  24. 18 食事担当の桜子が起きてこない 
  25. 19 桜子、ジャンから如意棒の使い方を教わる
  26. 20 モンゴルから来た家族 
  27. 21 多数決で決めたら、と桂木ドクターが提案した
  28. 22 敵はガルバン三十騎 桜子とタケ爺が果敢に挑む