極夜の鳥籠

作者 祥之瑠于

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全141話

更新

  1. 序章
  2. 序章
  3. 「おひめさまとくろいとり」
  4. 籠の中の小鳥たち
  5. 籠の中の小鳥たち
  6. 日常
  7. 血統
  8. それぞれの道
  9. 貴族の誉れ
  10. 書庫
  11. 隠された光
  12. 動き出す時
  13. 響き出す声
  14. 綻び
  15. 託された願いの本
  16. 暗闇の雛鳥
  17. 後継ぎ
  18. 内緒話
  19. 内緒話2
  20. アヤのいない教室
  21. アヤのいない教室2
  22. 屋上にて
  23. 屋上にて2
  24. 屋上にて3
  25. 王様と魔術の時代
  26. 王様と魔術の時代2
  27. 王様と魔術の時代3
  28. 走り出す時間
  29. 走り出す時間2
  30. 走り出す時間3
  31. 加速する歯車
  32. 新月の逃走劇
  33. 定められた出会い
  34. 蔦の隠れ道
  35. 愛が遺したもの
  36. 集合
  37. 逃走の理由
  38. それが招いたものは災いか
  39. あるいは他の何かか
  40. 「向こう側」
  41. ココカラ出タイ
  42. 向こう側に見えたもの
  43. 惑い
  44. 決意の時
  45. 少女とカラスの祈り
  46. 揺れる鳥籠
  47. 思案
  48. 考察
  49. 出発
  50. 憂慮
  51. 探索
  52. 境界
  53. 降下
  54. カラス
  55. 揺れる鳥籠
  56. 歯車は止まらない
  57. 扉の中の闇
  58. 闇を照らす灯
  59. 進むべきは
  60. 小鳥の心にかげるもの
  61. 扉の鍵
  62. 疾駆する白刃
  63. 対峙する刃
  64. 一羽の小鳥は抗って
  65. 愛しいものを護り、天に召されました
  66. それは悲しみか憤怒か戸惑いか
  67. 黒い鳥の誘い
  68. 哀しみの淵
  69. 無力な小鳥たち
  70. それでも前へ
  71. おわかれの日の記憶
  72. 封印を解いた者
  73. カラスの呼び声
  74. 時を超える小鳥たち
  75. 異国のひな鳥の記憶1
  76. 異国のひな鳥の記憶2
  77. 異国のひな鳥の記憶3
  78. 異国のひな鳥の記憶4
  79. 若き小鳥の記憶1
  80. 若き小鳥の記憶2
  81. 梟の記憶1
  82. 梟の記憶2
  83. 卵の記憶1
  84. 卵の記憶2
  85. 巣から落とされる白き雛鳥
  86. 運命の小鳥たち
  87. 目覚める小鳥たち
  88. 夢と現実1
  89. 夢と現実2
  90. 二人が見た夢
  91. 眩しい夢
  92. 夢の意味
  93. カラスの決意
  94. 灯を受け継いだ者
  95. 破られた封印
  96. カラスの椅子
  97. 繋がる時間
  98. 老いたカラスと戸惑う小鳥
  99. 満月の塔
  100. 月を頂く塔、入り口
  101. 月を頂く塔、邂逅
  102. 月を頂く塔、襲撃
  103. 月を頂く塔、切迫
  104. 月を頂く塔、絶叫
  105. 月を頂く塔、逃走
  106. 月を頂く塔、満月
  107. 月を頂く塔、女王と雛鳥
  108. 月を頂く塔、追撃
  109. 月を頂く塔、声
  110. 月を頂く塔、鎮魂曲1
  111. 月を頂く塔、鎮魂曲2
  112. 月を頂く塔、鎮魂曲3
  113. 月を頂く塔、休息
  114. 月を頂く塔、休息2
  115. 月を頂く塔、休息3
  116. 月を頂く塔、カラスと代行者
  117. 鳥籠の真実
  118. 昔語り
  119. 昔語り2
  120. 昔語り3
  121. 白き鳥の祈り
  122. 満月と守護者
  123. イケニエ
  124. 少女の祈り
  125. 輝くは在りし日の記憶
  126. それは眩しいほどの幸福
  127. 夜のはじまり
  128. 夜のはじまり2
  129. 懺悔と赦し
  130. 瞳に灯る光
  131. さいごの休息
  132. 小鳥が飛び立つ時
  133. 扉へ
  134. 扉を開く為の鍵
  135. もう諦めなくていい
  136. ひとりにしたりしない
  137. 壊れてしまった人形の涙
  138. 護ると心に決めた
  139. 終わりを告げる者
  140. 扉を開ける者
  141. 搔き乱す絶叫
  142. 射し込む光
  143. くろいとりの泣き声
  144. 籠の中の鳥達
  145. 運命を背負う小鳥たち
  146. 「ありがとう」
  147. 鳥籠を貫く光
  148. 降り注げ
  149. 慈しみの雨
  150. 鳥籠は消えて
  151. 解き放たれた小鳥たち
  152. 終章