ネット作家の火村君が「売る文章術」をコピーライターに教わるようです

作者 こぴーらいたー@風倉

これは教材だ――すぐにノートを開け!

  • ★★★ Excellent!!!

 まだ2話を読んだだけですが、火村少年とコピーライター氏の会話の中で、なぜ小説という商品が求められるのか。小説という商品が与えるものは何かといったことがはっきりと書かれていて、非常に勉強になりました。思わずメモ帳を開いて要点をまとめたノートを作ってしまいました。ご教授ありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

この指南書で、特に良いところがある

『基本、問題には一行で解答してくれている』ということだ

「長ったらしくてよくわからない」とか「結局、どれが作者にとっての正解なんだ?」と困惑することがほとんど… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

全文同意しすぎて苦しい……!机を叩きすぎて割りそうになりました。手が痛い!カクヨムで書いている全作家に読んで欲しいバイブルです。
本当にアカンあらすじを書いている作家が多すぎる。そんなカッコつけのあ… 続きを読む

比良さんの他のおすすめレビュー 35