「はつ恋」

作者 月波結

46

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とてもきれいな文体で心の動きが自分の事のように感じられて、ページを開くのですが、内容に引き込まれすぎて、物語の展開が悲しくて何度も途中でやめてしまいました。でも続きが気になるんですね。読み始めてからなかなか最後まで読みきる事ができませんでした。凪の危うい感じが見ていられなくて「どうして...」って思う事が苦しくって、でもまた読みたくなって。不思議な魅力のある作品でした。

★★★ Excellent!!!

主人公は高校教師をやめてしまった若い女性。
心に傷を負って、母と二人、実家暮らし、本屋でアルバイトをしながら過ごす日々。

そんな彼女、凪《ナギ》の前に、透《トオル》くんは現れる。
24歳の大人の女性と、18歳の高校生男子の物語。

在職中に彼女を見かけていてた透が凪にアプローチをかけていく。
少し押しの弱い雰囲気のある凪は、徐々に透に押し切られるように、それでいて、惹かれていく。

このあたりに、彼女の弱さ、そして、儚さ、危なっかしさみたいなものも見え隠れしつつ、物語は、透の高校生時代、そして大学生時代、
へと一歩づつ進んでいきます。

二人の恋愛を基軸にして、少しずつ現れる、新しい男性たちが、出来事が、成長が、二人の関係を混乱させ、そして、二人を大人にしていきます。
(特に櫻井さんの立ち位置が非常に微妙なバランスで要になっていますね)

前半戦は甘々な恋愛の言葉が飛び交っているんですが、中盤から徐々に人間関係がもつれて、愛情は絡まり合って文学的な世界に転がっていきます。

後半に向けてはしっかりとドロドロしていくので、あぁ、ある種のリアリティがしっかり書かれているなぁ、と興奮してしまいました。

始めの導入にはWEB小説らしい派手な掴みは無いかもしれませんが、長編作品として、じわりじわりと広がり、そして、各キャラクターの存在を確かに育てていってくれる作品です。

秋の夜長に是非味わってください。

――――――――

ところで、レビューとしては脱線なのですが、
「うわー、社会人女子と高校三年生って年の差やばいわ〜! 外から見たらマジで大変そう〜!」
とか、思っていたら、途中で
「6歳差」
という表現があり
「エ? たった6歳?」
ってなりました。

私事ではございますが、実は、私、成井露丸。既婚で、奥さんが5歳年上ですので……、意外と、まぁ、登場人物のカップルに近かっ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

明日、結末を迎えるということで、最終話を前にレビューを書くことに意味があると思っています。

1話から89話まで一気に読了しました。
読みやすい文章と、1話が短い構成のためすらすらと物語の世界に入り込めました。

以下は男性目線の感想です。おそらく女性読者とは異なると思いますのであしからず。(注意:ネタバレあり)

高校生の透、元高校教師で24歳の凪。
歳の差恋愛にありがちな女性側がうじうじと考え込む内容で、男性読者にとっては物足りないと感じる場面が多々あります。
当初、大人びた雰囲気の透に感情移入しづらく、凪の年下への戸惑いにも苛立ちを覚えるほどです。
前半では、受験に合格するまで抱かないという誓いが残酷にも見え、モテる透がそこまで凪に固執する必要はないのではないかと思ったほどです。

物語全編を通じて、凪が高校教師をやめた理由の匂わせがあります。
その理由が男側にとっては地獄に突き落とされる伏線となります。

無事大学生となり、大人の仲間入りを果たした透が同級生と浮気(未遂)したあたりで「いや、こんな年下の男捨ててまえよ。小田さんていう素敵な男性がいるじゃないか」と一気に凪側に共感します。

そこはなんとか堪えて元の鞘になりますが、今度は凪が教師の頃、現役の教え子(高校生)と恋仲にあったことが明かされます。しかも、その生徒とは身体を重ねる関係だったと。

男性読者としては、それがとてつもない裏切りに感じました。
透とは合格するまで禁止していたくせに、凪はまるでその過去を傷として庇護してほしいとでも言いたげで。
そして、透がそれを愛情で乗り越えた矢先、凪は再びその元教え子に抱かれる始末。

たまらない。女性の卑怯な部分を見せつけられ、愛情を食い散らかされる心境です。
透と積み重ねてきた時間に対する自分の過ちを罪悪感という言葉にくるんでベランダから飛び降りてしまうのが余計… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

レビューを書く時には第一印象でがーっと書いてしまうのが常なんですが、この作品はそうさせない何かがあります。丁寧で繊細な心理描写は一読の価値ありです。特に女性の心理描写は特筆に値するものがあり、本当にちょっとした事(と小生が思ってしまうような事)に主人公の女性の心が揺れたりするので、ザクッと読んでしまってバッとコメントをつける様な読み方が出来ません。ラブコメを読みたいと言う方にはお勧めしません。しっとりとしたベルベットのような肌触りの恋愛小説が読みたい方にお勧めです。

★★★ Excellent!!!

年の差がある二人の恋愛、そのことに抵抗を感じつつも想いが燃え上がっていく様子を見守る作品。
二人の会話がとても魅力的で、シンプルなのに強い気持ちがこもっていて、一言一句を丁寧に読み込んでしまいます。
まるでミルクレープのような、きめ細かくて満足感のある物語でした。