海列車

作者 森久上水

ある日、あの時、これからのショート・フォトグラフ

  • ★★ Very Good!!

未来、現在進行形、思い出の振り返り、それぞれの時間軸で三度楽しめた。読み手の想像力を幅広く補完してくれる汎用性ある設定と構成を感じさせる。言い方を変えれば、プロローグ、短編(本編)、エピローグと様々な形を彩った季節の香りする兄妹の小旅行譚です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

鯨武 長之介 さんの他のおすすめレビュー 275