ヨルカと白い嘘

作者 七海 まち

31

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

正面から取り組むことというのは、簡単そうに見えて難しいことで、それを最後まで書ききるというのもまた、簡単ではない。
そういった、書くこと、生きることを真っ正面から捉えようとしている作品だと感じた。
しっかりと本筋を追いながらも、描かれている細部が、書き手だから、読み手だから理解できることが多く、そして小説を読んでいるからこそ素直に共感できるメッセージが真っ直ぐに表現されていた。
女性という性に対して、ややもすると冷たく感じられる視線が、作品の臭みとして、物語の中のリアリティとして、上手く機能していると思う。また主人公を男性とすることで、さらに女性が印象深くなっていて、上手い。
とても丁寧に物語とメインテーマ、サブテーマを描かれていて勉強になる。

★★★ Excellent!!!

読み終わって、私は言いたい。これは心理映像SFだと!
巧みで美しい文章が、主人公の「自分とは何か」を求める、それはそれは深い心の奥底をうまく映像化していると思います。
精神、そして、自分という物を定義づける物は何か、という疑問を、主人公のストーリーを通して、あなたの深層心理に密かに問いかけます。
前半の、主人公の苦悩、主人公夫婦二人の関係性、そして、後半の不思議な少女と出会ったあとの一連の流れは、あなたの心をぐっとつかんで、物語の中に引き込むことでしょう。

★★★ Excellent!!!

主人公の不器用とも取れる生き方に共感したり、イライラしたりと飽きさせません。

文章が刷毛のように、脳をなぞる感じでした。

言葉を伝えるのは我々が考えるより遥かに難しい。それは局所的に炎上するニュースを見ずとも明らかです。

誰にとっても他人事ではない、かといってリスクマネジメントという賢しい小道具とも違う人間関係の在り方を提示してくれ、興味深かったです。

★★★ Excellent!!!

自分の育ちに対する不満、不信。感情を抑え、半ば失い、嘘で取り繕って何とか暮らしているけれど、感じるのはただ虚しさばかり。
思いを言葉に出来なくて、いつしか大切な場面ではいつも口を閉ざしていた。
やがて妻とのすれ違いも決定的なものになってしまい…
そんな時に見た不思議な夢の中で出会った、私はあなたの嘘です、と名乗る少女。謎の言葉「ヨルカ」とは何を意味するのか。
淡々と進んでゆく陰鬱な物語は、やがて熱いクライマックスへ。最後の一行で解き明かされる謎は、孤独な自分への許しと救済に他ならない。

読みやすく、ほぼ一気に通読してラスト、不覚にも号泣しました。