ライジング・ノベライザー

作者 鯨武 長之介

98

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

氏の作品を久しぶりに読んでみて、驚いたのが表現力(内容は勿論、記号などの使い方も)、そしてなにより斬新な題材でした。

はじめは流し読みしようと見ていたのですが、そのうち読んでいる自分に驚かされました。

出だしから、いきなり飛んだような本編への繋ぎで既に魅せられていたのでどうなるのか?何に繋がるのか?‥そんな気持ちと、挟み挟み入れ込まれる作者様の独特な言い回しが妙に面白く最後まできちんと読めてしまったこと、本当に試行錯誤して作られたことが届きました。

ネタバレ行為は禁止されているので割愛しますが、読めばその意味が理解してもらえると思います。

久しぶりの読書となりました、ありがとう御座います。

★★★ Excellent!!!

小説は、突き詰めるまでもなく娯楽である。
だけれどその娯楽に、人は一喜一憂し、ときに笑顔を、時に涙をこぼす。

現代の技術の延長線上で、もしも小説が発達したのなら──きっとこの作品のような、競技が生まれるに違いない。

文字に熱い血が通った、電子の戦いが、だ。

ここにあるのは難解なSFではない。
どこまでも人を楽しませる、最高の〝小説〟である。

小説家を目指す人、小説を書くのが楽しくて仕方がない人、そして疲れてしまったあなたにこそ、ぜひ読んでもらいたい物語!

★★ Very Good!!

ノベライズのルールが細かく決まっており、詳細なルールを見る場合はそれ専用のページが用意されているほど。

それであやふやな部分がないからこそ、試合の流れも、結果も、要点も、理解しやすく画も想像しやすい。
だからこそ、今後の対戦相手や試合の展開や、ひょっとしたら恋愛模様なども(?)楽しみだ。BM!