ライジング・ノベライザー

作者 鯨武 長之介

199

69人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

所謂トレーディングカードゲームのアニメのようなホビーアニメ系作品を、ライトノベル執筆でやるという発想が空前絶後で唯一無二。
ストーリーは王道熱血、そこに執筆者が日々思うだろう事がぎっしりと乗っているのですから、面白くない筈が無い。
必然的に大量に生み出される劇中劇達も、観てみたいと思わせる物が沢山。
……しかしあまり言い過ぎるのもアレですが、そもそも小説というものは、本来は心を込めて書いたものならば皆独立した唯一無二。書籍化作品より個人的には素晴らしいと思う作品が人によってはあったりするように、物語を数で評価して順位付けようとする事そのものが本来無粋なのかもしれないなあ、と、あまりにそれぞれの登場人物が魅力的な為に思わないでもなく。

★★★ Excellent!!!

こちらの作品はまさに「今」読むべきお話だなと思いました。毎日大量の書籍化作品が世に出ている中、読者側にも作り手が多くなっていると感じています。
そんな中、ノベライズバトルを持ってくる作者さんのセンスに脱帽です。
文章も読み易く、文章で映像が分かると言うより、映像が文章になっている書き方だと思うので、広い年代に目を通して欲しいです。
今後の展開に期待しています。

★★★ Excellent!!!

少年少女たちによる、熱き魂のぶつかり合い。
そう書けば、このお話のだいたいのところが理解できるだろうか。
いやさ、それではまだ足りない。足りないのだ!
多くは語らない。読めばわかるさ新境地。のっけから始まる熱い(熱すぎる)展開に、多くの人はこう思うだろう――


こ、こんなバトルがあったとは……!!

恐れることなかれ。さあ、新たな小説のライジングを見届けよう!

★★★ Excellent!!!

知り合い()から勧められてレビューを書いた時点ではとりあえずエピソード1まで読みました。

まずとにかくアツい。少年マンガや某超機械兵大戦のようなアツさを持っていて、思わず読むスピードが早まってしまった程。少年マンガならぬ少年小説とでも言おう作品は中々見たことなく新鮮だった。

そしてやはりバトル方法が斬新。特に出来上がった小説のみならずその作業工程で生み出されるソウル・ライドの攻撃。一見、現実ではそうはならねぇよと思うようなことを真剣に繰り広げる少年マンガのような(良い意味で)バカバカしく、それでいて何かが込み上げるような緊張感溢れるバトルがここにある。
あの頃に爆球連発した人や爆転シュートした人、ゲーム拳必殺五十連打した人などあの頃のバカバカしさとカッコよさを知る人に特にオススメ。是非読んでみて欲しい。


ただアレですよね、「球技と忍術を組み合わせたまったく新しい戦い」の忍球をする「ハヤテくん」は確信犯と捉えてよろしいですよね?ね???

★★★ Excellent!!!

小説を書いてバトルをするっと聞いていたので、もっとローテクな感じなのかと思いきや未来でSFチックで良い感じです。
個人的にこう言う想像の未来の話が僕は大好きです。
案外このCTEって機能は未来にひょっとしたらあるかも、あったら文字を書くって事が絶対楽しいと思います。

★★★ Excellent!!!

 この時点で、未だ完結を見ないわけだが、そのクオリティの高さに敬意を表しレビューを書かなくてはならない。
 というか、既に『Episode.1 Starting - Nove(R)ize』の時点で高い完成度を誇っているので、さっさと評価を入れてしまおうかと考えたくらいだ。

 特筆すべきは、筆力のヴィジュアライズという点。
 可視化、数値化されたシステムの中で交わされる、さながらカードゲームバトルのような親近感溢れるアイディアには、膝を打つやら天を仰ぐやら脱帽である。
 このイメージしやすさは、ライトノベルとして格段の相性の良さだろう。

 また、忘れてはならないのはライバルたちの背景。
 彼らが生み出す作品たちのバックボーンとして、ひとつひとつ芯の通ったドラマが展開されており、作中作に血を通わせている。結果、ストーリーに深みを与えているわけだ。

 そんなノベライザー達の熱い戦いに、思わずカク側もヨム側もまさにライジング、この高揚感にカタルシスを得ること間違いなしの素晴らしい作品とオススメさせて頂きたい。

 もちろん、4P:エクセレント【EX】! 完結——オーバー・ライズ——が待たれる。

★★ Very Good!!

バトルはバトルでも、これは今までに見たことのないバトルです。なぜなら、この物語のバトルは小説によるものだからです。

互いに時間内に物語を書き、それを競う。でも、ただそれだけじゃない。ポイント制やペナルティもあり、どこかスポーツの試合を見ているかのような戦いを見られます。

一風変わったバトルものをご希望の方は是非この一作を。

★★★ Excellent!!!

氏の作品を久しぶりに読んでみて、驚いたのが表現力(内容は勿論、記号などの使い方も)、そしてなにより斬新な題材でした。

はじめは流し読みしようと見ていたのですが、そのうち読んでいる自分に驚かされました。

出だしから、いきなり飛んだような本編への繋ぎで既に魅せられていたのでどうなるのか?何に繋がるのか?‥そんな気持ちと、挟み挟み入れ込まれる作者様の独特な言い回しが妙に面白く最後まできちんと読めてしまったこと、本当に試行錯誤して作られたことが届きました。

ネタバレ行為は禁止されているので割愛しますが、読めばその意味が理解してもらえると思います。

久しぶりの読書となりました、ありがとう御座います。

★★★ Excellent!!!

ノベライズのルールが細かく決まっており、詳細なルールを見る場合はそれ専用のページが用意されているほど。

それであやふやな部分がないからこそ、試合の流れも、結果も、要点も、理解しやすく画も想像しやすい。
だからこそ、今後の対戦相手や試合の展開や、ひょっとしたら恋愛模様なども(?)楽しみだ。BM!

★★★ Excellent!!!

小説は、突き詰めるまでもなく娯楽である。
だけれどその娯楽に、人は一喜一憂し、ときに笑顔を、時に涙をこぼす。

現代の技術の延長線上で、もしも小説が発達したのなら──きっとこの作品のような、競技が生まれるに違いない。

文字に熱い血が通った、電子の戦いが、だ。

ここにあるのは難解なSFではない。
どこまでも人を楽しませる、最高の〝小説〟である。

小説家を目指す人、小説を書くのが楽しくて仕方がない人、そして疲れてしまったあなたにこそ、ぜひ読んでもらいたい物語!