星迷う空の下で願う夢は遥か

作者 星崎ゆうき

55

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

淡々と語られていく中に、物語の情景がありありと浮ぶ描写は、浮遊する最期の瞬間を実際に経験しているようにさえ思えました。
目を瞑ると見えてくる映像は、今この瞬間が終わるというのに、どうしてか心地よくさせてくれます。
悲しいのに心地いい。なんと不思議な感覚でしょう。
物語の中にはいくつかの共感できる文章があり、知らずページを捲るかの如く読み進められました。
是非、この感覚を皆さんにも味わって頂きたいです。
ご一読を。

★★★ Excellent!!!

人は三次元の世界で生きている。

もし四次元の生物から見たら、それはまるでメビウスの輪を彷徨うアリの様に見えるだろう。

主人公は、そんなペンローズの三角形の上に過去の記憶を求め、小惑星の地上への直撃を傍観する。

まるでそうすれば願いが叶うとでも言わんが如く。

三編に凝縮されたストーリーが、果てしない人間と宇宙の関わりを描いている。

儚くも美しい幻想的な作品です。

★★★ Excellent!!!

 最初から最後まで、空気感がとても良く、文章力に圧倒されながら拝読した作品。
 宇宙論的な話題を持って来ると、分かりにくかったり、知識が追い付かなかったり、作品がまさに空中分解してしまうことが多々ある。しかしこの作品は、その宇宙論的で哲学的な会話を、巧く文章に溶かしている。そして研ぎ澄まされた文章には蛇足的な部分が一切なく、主人公と女性の関係性や置かれている立場、何気ない会話が独特の雰囲気の中に成立している。
 言葉の隅々が整っていて、主人公の考察的な部分は知的であるが、聞いていて嫌味はなく、むしろ心地よい。大げさでない風景描写と、主人公と女性との関係性もまた、引き込まれる要素となっている。
 この作品には、きっと小生がどんなに言葉を尽くしても届かない。だから、読むしかない。この空気感は言葉では言い表せないのだ。「読む」というよりも「感じる」に近い作品だった。

 是非、是非、御一読ください。

★★★ Excellent!!!

専門的な話がありますが、頭の中にすっと入ってきます。情景や心情描写が巧みで、上手く融合されていて、とても美しい短編です。

表現だけではなく、内容がまた切なくも美しい。

最後の瞬間に何を祈るか? 普遍的なテーマですが、だからこそ個性が出ます。

3話に凝縮されているので、是非一度をとおすすめします。

★★★ Excellent!!!

主人公の彼に、憑依したような気分で読んでいました。
私の心が、主人公の中に舞い降りて、彼の瞳と心を通して、美しくて不思議な世界を見つめている……そんな感覚でした。

もう戻れない過去に想いを馳せ、今も、通りすぎていく時間が、掌から流れ落ちていってしまうと怯えている。
そんな毎日を過ごしている私の心には、静かに、しかし強烈に響く。
そんな作品でした。

過去はペンローズの三角形。本当に。涙が出そうなほど、本当にその通り。

素敵な物語をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

一見シンプルなようで、よく見ると、あり得ない形であることが分かるトリックアートを小説として読むような、不思議な、でも、とても素敵な作品です。

小惑星が落ちる——。

避難勧告が出された街、逃げ惑う人々とは逆行する僕。
「またね」と約束した最愛の人にもう一度会いたくて。

希望と絶望、可能性と不可能性、始まりと終わりが重なる、この小説でしかあり得ないラストシーンは、本当に美しくて、悲しくて、とても印象的でした。

★★★ Excellent!!!

ペンローズの三角形。
とても不思議な形をしていて、見る者を惹き付ける。
その形から目が離せなくなった時、人は、取り戻したい過去へ思いを馳せているのかもしれない。

願いとは、叶わないことを知っていたとしても、願ってしまうものなのだろう。

終わりの時が迫っているその瞬間。

私は、どうするのかな。
その時、何を思うのか。

その答えは、作品の中に。


ー自分以外の誰かを想えるのなら、その想いはきっと本物に違いないー

確かにそうだ、と私も思う。