風牙の葬送

作者 久遠マリ

35

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

狼の遠吠えが聞こえてくる草原の中、廃墟にて。
学術調査のためにこの地を訪れた「私」たちは、
かつてここに滞在した調査官の日記を発見した。

草原の神々を敬い、掟に則って暮らす原住民と、
国土拡大を目して先遣隊を送った領土主義国家。
日記の主は、その相容れない狭間に立っていた。

ごく短く簡潔な文体で綴られた記録の向こう側に
豊かで色鮮やかで奥行きのある世界がうかがえる。
すごく好きです。

★★★ Excellent!!!

「民俗学」をテーマにした短編です。民俗学となると、対象となる人々の生活や習俗について詳細に描かねばならないから長くなる?とか勝手に思い込んでいたのですが、短く、メリハリのある、しかし「生活」が見えてくる、もう、大当たりとしか言いようのない短編でした。

二つのパートが交互に出てきます。一つは調査に当たる現代人、もう一つは調査される側の約100年前の人々です。この世界自体、現実のものとは違うのですが、現実世界においても、考えねばならない問題を含んでいると思いました。

このお話の魅力は、やはり、調査される側の人々が「日記」を残しており、自らの言葉で語っているところです。交換日記のようになっていて、ここに出てくる「エルディオス様」のかわいいことと言ったらもう!何の話であれ、人物に魅力があることは話の面白さの絶対条件だと思います。「観察対象」ではなく、生きた人間なんだという当たり前のこと。短い場面ながら、雪の中に消えていった彼らの姿が克明に浮かび、とても愛着が湧きました。

しかし、現実社会の民俗学においては、文字がない、記録がないなどの理由から、彼らのように「自ら語る」ことができない場合が多いです。自らのあり方を、自らの言葉で語ることができないと、結局「発見者」の側がステレオタイプを押しつけていくということになりがちです。

私がこのお話を読んで、切ないながらも救われた気持ちになったのは、「彼ら」が自分たちの言葉で語っていたからです。これは、現実の民俗学ではなく、「異世界の民俗学」だからこそできた、素敵な奇跡ではないでしょうか。

★★★ Excellent!!!

異世界ファンタジーですが、現代に近い世界観の人間だと思われる学者が古びた日記を発見するところから始まる、どこかの世界で本当にあったかのような物語です。
日記につづられているのは、軍属の調査官である女性がかつてその地に生きていた人々の生活や思想ですが、100年前のこととは思えないほど生き生きとしていて、最初は緻密に練られた世界観にただただ圧倒されるばかりでした。建材について、光の神と闇の神について、婚姻について、圧倒的な情報量で彼らの生きる世界が表現されています。
その、まるでそこに実在したかのような、けれどどこかノスタルジックでファンタジックな世界を、軍靴の足音が踏み荒らす時――文明が押し寄せてきた時、日記の著者は――。
最後は驚きの展開でした。
その文化に生きるひとびとの文化を踏みにじるということはどういうことか――。
世界は優しいばかりでないのですね。文明の衝突です。
いろいろと考えさせられる物語でした。

★★★ Excellent!!!

 日記を見つけた人物と、過去にその日記を記した人物が交差する物語。日記を見つけるのは現在の登場人物。日記には、北の草原の民とのやり取りや、その土地の独特な風習や神話が記されていた。
 作者様が民族的なものがお好きということが、よく反映されていて、日記の中に記されている民族の風習がとても興味深かった。例えば光の神と闇の神では、光の神の方が厳しく、闇の神の方が温厚である。そして題名にもなった「風牙」の存在。さらには民族内の結婚の様子など。
 そして、現在の静的な様子と日記の中の動的な様子の対比。この対比で緩慢になりそうなところを締めているところが、さすがだと思う。
 小生を含め、民族的なものが好きな方にはたまらない一作。
 是非、ご一読ください。