この世界の何処かに 王国物語1

作者 合間 妹子

59

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

運命の人がいる。
その己の確信を抱いて、王都へ行くビアンカ。
夢見るのではなく、いると自分だけがわかっている。いえ、ただ一人、運命の相手もそれを確信している。
だからこそ、彼女は自分の力で会いに行きます。

淡く木漏れ日のような色調で語られる優しい語り口に、お茶目なキャラクターたちが物語を進めていきます。それは、寝る前に読み聞かせる、やさしい絵本のような世界です。

★★★ Excellent!!!

大きな魔力を持って覚醒したクロードと、その覚醒により誕生した『片割れ』ともいうべき白魔術師のビアンカ。
その二人が出会い、恋に落ち、結婚して幸せに暮らすお話です。タグにもちゃんと書いてあります。ハッピーエンド。もう、私、安心して読めます。

全体的に淡々とした地の文のため、会話が引き立つのですが……。
その会話が甘いっ!
これでもか、というぐらい、甘い!
そして甘い台詞を言うこのクロードが美形で有能と来た!
もう、キュンキュンどころか、ギュンギュンでしょうっ!

『運命の相手』と巡り会う話ではあるのですが。
このビアンカ。
出会うためにちゃんと、努力もするし、一途でもある。「いつか王子様が……」と、ただ夢見ているだけではないところが素晴らしい。

運命ではあるけど、偶然には頼らない。
運命ではあるけど、自分の直感を信じている。

そんな二人だから。
幸せな結末が用意されていたのでしょう。

★★★ Excellent!!!

甘いお話は好きですか?自分は大好きです。
ずっと求めていた運命の相手である誰か。主人公ビアンカはその誰かを求めて王都へとやってきます。
そして運命の相手である王宮魔術院副総裁のクロード。自分が彼に抱いたは偏屈で気難しい人でした。多分ほとんどの肩が似たような印象を受けると思います。だけど…いえ、だからこそ、彼がビアンカと出会ってからの変わりようが引き立ちます。
お互いに一途に相手を想う様子が非常に微笑ましく、ほんの少しのやり取りにキュンとします。特に舞踏会のシーンは最高でした。

一途で甘い二人の物語。恋愛系の物語が好きな方ならぜひ読んでみてください。

★★ Very Good!!

運命の恋に導かれる恋人たちの甘い物語。

ですが、描写はくどくなく、さらさらと清水のように流れていきます。
ワガママを言っていいのなら、時には「もう少しくわしく書き込んでほしい!」と思うこともありますが、読者に想像の余地を残す書き方も、一種のテクニックなのかもしれません。

とにかく、ビアンカの一途さが可愛くてきゅんきゅんします。
個人的には、イイ味を出している王妃様も大好きです!