海が滴る

作者 芦花公園

108

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

登場人物の個性がよく出て来たのと文書がとても読みやすかった(個人的には怪談としてのゾッとする感はもう少し欲しかったが)。

最後に主人公が腕を回したところは「おっ」となった。ここは明確にかかずにあえて読み飛ばしそうなくらいで気付かせた方がゾッとしたと思うけど、その辺の短編ホラー小説よりおもしろいのでよし。

★★★ Excellent!!!

異常者に絡まれる体質の主人公。
今度の異常者はもはや人ではないーーー

ーー単なる気持ち悪い、怖い異常者の話と思いきや、話は主人公が恋慕した青年やとある漁村に伝わる奇怪な儀式など、様々な要素が加わり予想外の展開へ。

細かい巧みな表現でホラーにも関わらず妙に現実味があり、画面をスクロールする手が止まらず、読了後はじっとりとした怖さが感じられました。


Twitterでお見かけして初めてカクヨムを登録して、レビューまで書いてしまいました。

初作品ということですので、次回作も楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

11話まで読了時点のレビューです。

主人公・栄子の真に迫るリズムの良い一人称で進んでいく、紛れもないホラー小説。

こういう妄想癖がある人もいるよね、という範疇に収まらない異常者たちの造形が非常に秀逸で、とてつもなく恐ろしいのにスクロールする手が止まらない。
一貫して生々しい内容だというのに素晴らしいほどの読みやすさでスルスルと頭に入り込んで来る文章が、物語にリアリティと臨場感をしっかりと添えてくれます。

主人公の正常性バイアスも凄いですね、入院するほどの怪我を繰り返しつつもどこか淡々と生きている様は一見すると強かなように見えますが、異常者たちに歪められてしまったその認知は明らかにおかしいです。
敏彦という異常者に対しての態度や接し方にそれが現れており、全体を通して構成が非常に上手だと思います。

このクオリティの小説が処女作なのはとても驚きです。無理のない範囲で最後まで完走して欲しいです。楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

何の因果か体質か、子供のころから何かと異常者を引き寄せる主人公。
その中からついに異常者の枠に収まらない人間?が現れる。はじめは実話怪談系のホラーと思いきや、話はオカルトに踏み込んで二章へ進みます。

これはその二章公開時点のレビューですが、明らかな怪異が続き、まさに暗い海にこぎ出したような主人公の運命に、しっかりと舵を取ってくれるキャラクターが現れます。このキャラクターがまた秀逸で、それを言いたいがためにレビューを書いたようなものです。

まずキモい。でもあれ?結構頼りになる。でもやっぱりキモい。しかも元々縁があるのでめちゃめちゃ踏み込んでくる。そのためにキモくテンポよくストーリーが引き締まっていきます。

散りばめられるホラーのエッセンスにも光るものがあり、以後も期待しかありません。
初めて書かれた小説とのことですが(このクオリティーで!)、どうか気負わず、自信を持って完結を目指してほしいと思います。

★★★ Excellent!!!

 常軌を逸した攻撃性を備えた女性を引き寄せてしまう体質の栄子が、謎の魚のような女性に異常な理屈で詰め寄られるところから話ははじまります。

 単なる異常者との邂逅ものかと思っていると、異常者がとある地方に伝わる伝承に出てくる化物の類である可能性が示唆され、幼馴染の男性(異常者)とその友人(異常者)と共に正体を探り始め、前半に散りばめられた伏線を回収しながらストーリーは異常者オールスター戦のようになりながら佳境を迎えます。

 主人公含め登場人物たちはどことなく以上にもかかわらず話は破綻すること無く進み、最後は個人的にとても好きな余韻と余白を残して一旦幕を閉じました。
 短期間で描かれた作品で、しかも初の小説とのことなので他の作品も呼んでみたいなと思います。

 ちなみに僕はるみ殿推しですぞーーーーふおおおお