ぼくの頭はピヨリーナ

作者 竹乃子椎武

ひよこが取りついた! そして同級生はワニに! ピヨピヨかわいい小説です

  • ★★★ Excellent!!!

気がつくと、主人公の優斗の頭にはヒヨコが乗っていました。
人語をしゃべり、優斗と一心同体になったと自称する、小うるさいひよこです。

はじめは腹の立つひよこだなぁ、と、そういう意味でいいキャラだなぁと思っていましたが、もう、そのひよこ、ドンドンかわいく見えていくんですよね。
語尾がピヨなのが、その語尾の使い方がとことんかわいいです。
果たしてこの、ピヨと名乗るひよこの目的とは?

そして、
偶然知り合った先輩はオカルトマニア。
出会った同級生はワニを背負っている。

という濃いキャラクターが出てきます。

しかし、同級生の有珠杵さんがワニを背負っているのには、なんだか深い事情があるようで……。
淡々と日常を過ごしたいと思っていた優斗が、少しずつ相手に踏み込もうとする気持ちを持っていくところも、興味深いですね。

ところでみなさん、嘘ってつきますか?
嘘って悪いことだと思いますか? 便利なことだと思いますか?
コミカルなお話である一方、それを問われるストーリーになっていて、なかなか考えさせられるお話になっています。

楽しく深いお話です。読んでみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

あおいしょうさんの他のおすすめレビュー 199