おぼれしね。

作者 緑茶