ひび割れ鏡

作者 爛流。(らんる)

彼女たちの不幸を知れたことが幸福だと思ってしまった

  • ★★★ Excellent!!!

いい話を読むと疲れる。
今、サンマルクカフェの椅子の上で、脱力しています。

この話の登場人物は、皆、自分の幸福の追求(凄い宗教的ですが)よりも、他人の不幸がそのまま自分の幸福になるような底意地の悪いタイプ。
高度経済成長期という、モノや生活が豊かになっていく過程を体験していながら、精神的な部分では発展のない環境。いわば、逆三丁目の夕日。

この作品は徹底して不幸を書いていて、胸糞悪い描写が続きます。平坦な日常。
キャッチコピーで“誰も読まない、いや、読まない方がいいかもしれない…。”とした理由も頷けます。

しかし、なぜか僕は、彼女たちを嫌いになれなかった。なぜなら、彼女たちの生活があったから。彼女たちの人生に呑まれてしまったから。
そして、僕の潔癖ともいえる善人主義を変えてしまった。こうあってもいいのかと思えた。面白かった。

取り急ぎのレビューになりましたが、気持ちをとりとめておきたく、書き残しておきたいので書かせてください。作品が完結したらもう一度書き直します。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

鷹仁(たかひとし)さんの他のおすすめレビュー 76