血の雨ノート

作者 栗崎 きんぐ

生まれたばかりのサイコパース

  • ★★★ Excellent!!!

新人とは思えない引き込みと感情を織り交ぜたサイコパス作品。
まだまだ始まったところだけど、先を想像させる構成に冷や汗が出ました。

カタカナが主体となる使う古い文体を使おうとする度胸と、細かい時間を表現する行間の使い方。
多少携帯小説のような雰囲気も見えるけど、このまま続いていけば立派な小説として出来上がると思う。

主人公と、主人公の中の人は今後どうなっていくのか?
ぜひ続きが読みたい!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

琴野 音さんの他のおすすめレビュー 102