トンベンマガスガトリクト

作者 ウゴカッタン

物語を描くこと、文章を綴ること

  • ★★★ Excellent!!!

 悪文より生まれし悪竜と、悪竜に立ち向かう人々の物語。
 ストーリーがあって、格好良かったり可愛かったりする登場人物がいて、というようなお話ではなく、「物語を描くこと」「文章を綴ること」そのものを、作者様がどう考えているかを小説にしたものだと私は読みました。
 最初に末尾にある用語集に目を通しても良いかも知れません。登場人物一覧は完読後のご褒美にとっておきましょう。

 小説を書いたことがある人なら、思い当たるアレやコレやがいっぱいです。ついつい筆が乗っちゃって、これでもかーっとノリノリでピンチを演出しちゃう、とか。
 異世界転生チート主人公たちも、あんな仕打ちを受けたらそりゃあスローライフに憧れちゃうよな、とか。

 文章を綴るとは、物語るとはどういうことか。
 考えながら読むと楽しいと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

三谷一葉さんの他のおすすめレビュー 288