おじさんと海

作者 icecrepe/氷桃甘雪

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

『おじさんが美少女たちを守って戦う物語』
 一言で言ってしまえばそうだけれど、それだけで片づけてしまうのはもったいないぐらい完成度の高いサバイバルアクションワールドの開幕です! おじさんがこの世で最後の、一番楽しくなるはずの思い出を求めてやってきた南の海。しかし、波が静かだったのは、ほんの最初のうちだけ。一発目の危機が訪れたが最後、ラストの試練まで、激しいアップダウンのストーリーが怒濤のごとく続きます。
 すごいなあと思うのは、とにかく次が読めないこと。
「助かった!」→「えっ? 駄目なの?」→「どうするの? どうにもならないんじゃないの?」→思いもかけない逆転劇→「助かった!」……最初に戻る。/読者はその波に乗り、先へ先へとページをめくらされていきます。ほんと、希望が一ミリたりとも見えなくなったりするから、何度もバッドエンドかと思ってしまった。
 ラスボスが登場する『バトルとしてのラスト』と『おじさん自身の心の物語』としてのラストと。最後に用意された二つのシーンも、やはり私ごときの想像では追いつかないものでした。
 あと、戦うおじさんはかっこいいのだけれど、最後まで読んでも頭のなかに浮かぶ彼のイメージは最初の冴えないおっさんのまま、少しもイケメン化して浮かんでこない。その点もまさに作者さんの筆力のなせる技なんだなあと思いました。私などでは、たぶんキャラが変わってしまう。
 あ、もちろん、ハーレムのドキドキ要素もありますよ! 彼を囲むのは、どの一人をとっても個性的で魅力的な美少女たちなので。性描写もありなのですが、この物語では性行為が人間が生きようとする本能、あるいは迸る生命力の象徴のように、私には読めました。
 作者さんが以前カクヨムで書かれていた『六人の赤ずきん』は、ガガガ文庫さんで書籍化され発売中です。それだけの力のある方なので、いろいろ勉強にもなりました。作品その… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

生きていく力が尽き果ててしまったおじさんが、すべてを終わらせるためやってきた南国。待っていたのは、四人の若き乙女たちと、正体不明の海の化け物。
そこでおじさん、戦うのです。人生に疲れきっていたはずのおじさんが、見ず知らずの少女たちを助けるために、得体の知れない化け物たちと、ありとあらゆるものを振り絞って力の限り戦うのです!

とんでもなく面白いので、最初の戦いだけでもひとまず読んでみていただきたいです。私はもう、3章を読んだ時点でこの物語から離れられなくなりました。
情け容赦ない恐ろしい敵、臨場感溢れるバトル、手に汗握る心理戦、起死回生の閃き、どこをとっても最高にエキサイティングです!

おじさんは悲しいくらいにただのおじさんなのに、対する敵は超絶ハイスペックで、おじさんはいつだって絶体絶命です。それでもおじさんは少女たちを助けるため、そして護るために、決して諦めません。
そこがとにかくカッコいいのです。戦い方も泥臭くて、なかなかスタイリッシュにはいかない。それでもすっごくカッコいい。
戦いの最中、「弱さは断じて罪などではない。強さが正しさではないように」などの熱い言葉もじゃんじゃん出てきます。おじさん語録を作りたくなっちゃいます。痺れます。カッコいいです。

でもおじさんに惚れ込むほどに、どうしてこんなにカッコいいおじさんが自殺を考えるまでに深く沈み込んでしまったのだろうと、冒頭を思い出し、胸が痛みました。
戦い続けるおじさんの心にも消えない葛藤が渦巻き続けていて、物語には常に、強烈な生と死の匂いが立ち込めています。その濃度がどんどん高まっていく後半にかけてはもう、夢中でひたすらイッキ読みでした。

すべての予定を投げ出しぶっ通しで読み耽りたくなる物語です。究極の没入体験を、皆様もぜひ!!

★★★ Excellent!!!

全てを失い、最後の楽園としてとある無人島にやってきた一人のおじさんが、様々な怪神と戦を交えて捕らわれた女性を救出し、彼女達と協力し合いながらまた次の怪神へと挑んでいく、サバイバルアクション。

しかし、悍ましい姿をした怪神『マトゥアハ』達は姿形だけでなく、それぞれ知性と個性を兼ね備え、主人公達を苛みます。

アクションシーンは息を飲む緊迫感と迫力に満ち、手に汗握ること間違いなし!

また動の部分に限らず、静となる『おじさん』の心情描写にも胸が締め付けられます。

人間は社会という枠にあってこそ人間として認められる、けれどそこから外れた者は?

社会に弾かれ、壮絶な怪神との相剋によって初めて生を見出した『おじさん』――死ねばそれまで、しかし生き残ってしまったら?

素晴らしいアクションシーンを楽しむと同時に、『生きる』とは、『人間でいる』とは何なのか、様々なことを深く考えさせられました。

五感と心に強く響く、最高の作品です!

★★★ Excellent!!!

人生を諦め、最後の思い出に、熱帯を訪れた「俺」。
ロクに言葉も通じぬ異国の無人島で、化け物に襲われるが……?

どうせ死ぬつもりの命、自分だけなら仕方ない。
しかし、化け物に囚われている少女。
――大の大人が、子供を見捨てて逝けるか。
おっさんの反撃が始まります。

敵の襲撃にはインターバルがあり。
その間、作戦を練り、無人島にある物で武器を準備し。
真水も確保しないといけないし、戦う体力のためには食糧も必要です。
『六人の赤ずきん』もそうでしたが、敵の知能が高いのが怖い。
特に緑目。まさに“怪神”。
物事は何一つ、想定通りに運ばない。
連載の途中からリアルタイムで読んでいましたが、
「助かったか?」「いや、ダメか!?」
と期待が乱高下して、続きが待ち遠しい毎日でした。

ああ、怖かった。面白かった。
二話目まで読んだらやめられなくなります。お勧めです。