滅びゆく世界のキャタズノアール

作者 斉藤タミヤ

361

141人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

始まりから不穏な空気で始まる。
誰が悪で、誰が善なのかがハッキリしており、しっかりと立ち位置が確定していることで、要らぬ推察をせずに物語ののめり込むことができる。
加えて、漂う巨悪の気配。
一人の悪は、一人だけのものではなかった。様々な思惑が交錯する、壮大なファンタジー。素晴らしい

★★★ Excellent!!!

人類を危機に追いやる災厄の具現『黒い霧』を巡って展開される骨太な世界観のダークファンタジーは読み応え抜群です。
手に汗握るバトルシーンやそれぞれのキャラクターが抱える想いなど、丁寧に作り込まれていてすぐに世界観に引き込まれました!

★★★ Excellent!!!

第1章だけ読ませていただきました。ゴア描写がやけにリアルで、音の表現がないのに音が聞こえてくるような描写力。世界観に矛盾を感じることのない説得力。そして暗い霧を脳内再生させる表現力。
全てが私にはないので羨ましい限りです。
また、主人公の天然な性格の悪さもしっかりと世界観に馴染んでいていいですね。
主人公の性格の悪さが「こいつは性格が悪い」と書かれていなくてもしっかりと表現されている小説はなかなか無いと思います。
これから先、主人公をはじめこの世界の人間たちはどうなっていくのか。気になる限りです。
時間があるときにまた読んでみようと思います。

★★★ Excellent!!!

序盤から技や戦闘シーンが目立つ、ダークファンタジー物です!
かつての中二心を擽り、思わず技名を叫びそうになったのはここだけの話です(笑)

しっかり読者がついてこれないような設定ではなく、読みやすいのも特徴なのでファンタジー物が初めての方は是非とも見てほしい作品です!

「グラウンドデス」は、個人的にハマりましたね!あとで部屋で動きをつけてしようと思ったのは私だけではないと思いたい←

★★ Very Good!!

本格的なファンタジーですね!
売っている本のようななめらかで明確で無駄のない文章が凄いです!
とても長いお話で、構想と想像、描きたいものが心の中にが溢れているんだな、と感じました。ふだんはファンタジーをあまり読まない私にも、勉強になりました!