悪魔のメリークリスマス

天妻 多キ

プロローグ

 街を見下ろす小さな山の頂上に、その時計台は建っています。

 まだ世の中が昭和と呼ばれていた頃、好景気で誰もが太っ腹で気が大きかった時代に、勢いで作られたものでした。

 元々は赤く塗られていたであろうその外観は、長い間日に照らされ、風雨にさらされたせいで、今では淡いオレンジ色に変わっています。しかし、うまい具合に色褪せた結果、まるで最初からそういう色で作られたかのような絶妙な雰囲気に落ち着いていました。

 それはまるでいい感じに年齢を重ねた女性のように、暖かく静かな佇まいでした。


 海に面したこれといって特徴の無い地方都市です。しかし、その時計台だけは、初めてこの街を訪れそれを見た人ならば、驚き、思わず写真に撮ってしまうくらい、ちょっとした異彩を放っていました。

 そして、そういったものの常として、この街に住むひとにとっては、それはすでに生活の一部であり、見慣れた、当たり前の、いつもの風景になっているのでした。


 今では時計としての機能は失っています。何年か前にこの街を通り過ぎた未曾有の大型台風のせいで、地上から時計台を上る木で出来た階段もどこかへ吹っ飛んでいきました。すでに修理も出来ず、やろうとすら誰も思わず、その時計台は、山の中で、たくさんの木々に囲まれ、静かに時を経ていくのでした。


 もうほとんどの人間が覚えていませんが、時計台には動力機関部とは別に、展望部屋がありました。ちょうど、街全体に時間を知らせるような方向につけられた巨大な文字盤の少し上に、開け放たれた出窓があり、そこからは町全体と海が見えるのでした。


 その部屋は十二畳くらいでしょうか。かなり広く、床は木で出来ており、まるで田舎の小学校の職員室のような雰囲気です。

 上に上がる階段が壊れて以来、そこを訪れるものは誰も居ません。


 しかし、今、ここを勝手にねぐらにしている二人が居ました。

 部屋の隅には、簡素な木組みの広いベッドが置いてあります。大きさはセミダブルくらい。元からここにあったものではありません。

 その上には、長い足を投げ出したまま両手を頭の後ろに置き大きなあくびをする若い男が寝そべっています。

 すぐそばの丸い椅子には、黒いコウモリがとまっていました。

 そしてもう一人。この場にすごく場違いな姿が、ベッドの上で面倒くさそうに相槌を打つと、真剣に話を聞いている使の二人に、馬鹿丁寧に話し掛けていました。


 ぴったりとしたタイトスカート。きっちりとボタンがとめられた白いブラウス。きちんと手入れのされた肩までのまっすぐな黒髪。

 綺麗な姿勢で直立不動したまま、手に持つファイルを読み上げています。

 細身で背が高く、ウェストはきゅっとくびれています。小さな顔の上に上品な目鼻がバランス良くまとまった、非常に知性的な感じですが、なぜだかまったくの無表情でした。


 話し方も淡々として抑揚がありません。少しスリットの入ったスカートから伸びた長い足といい、全体的な折り目の正しさといい、大会社の社長秘書という佇まいです。

 同時に、非常に精巧に出来た機械人形のような印象もあります。


「えーと、連絡事項は以上ですかね」と使い魔が言いました。

 ファイルから目を離さずにその女性…秘書っぽい女悪魔はコクコクと頷きます。ボソボソと何か言いますが、ものすごく声が小さくて全然聞こえません。

「えーと。…今月分も確かに受け取りました?」

 使い魔が翻訳するようにそう言うと、また無表情のまま、ぺこりと馬鹿丁寧に頭を下げます。お疲れ様です、とぽしょぽしょ消え入りそうな声で言うのがかろうじて聞こえました。

「はい。お疲れ様です」と使い魔が合わせて頭を下げます。

「お疲れさーん」

 ベッドの上の悪魔は、目をつぶったまま左手だけを上げて言いました。

「………………」

 悪魔の秘書は、ファイルを両手で抱え込んだまま、身じろぎもせずにじっと立って居ます。無表情で整った顔をしているだけに、命令を待つ機械人形のようでした。

「?」秘書のそんな様子に、使い魔は「あの。まだ何か」と尋ねます。

 ふるふる、と首と綺麗な髪が左右に振られました。

「なんか他に連絡あんのか?」

 悪魔も問いますが、悪魔の秘書は、無言で首を横に振ります。審判席でテニスを観戦している人みたいです。

 無表情な顔でじーっと悪魔たちを見つめています。

「え? おかまいなく? いや、おかまいなくとおっしゃられても…」

 困りますよね、とコウモリの使い魔は自分の主人の悪魔を見ます。

 悪魔は悪魔で、どうでも良い感じで、あくびしながらベッドの枕元に置いてあった雑誌を開きます。

 青い水着の胸のばかでかい女の人が表紙の漫画雑誌です。

 すーーーっと息を吸い込む音が聞こえました。悪魔の秘書の深呼吸でした。

「クッキーを持って参りました」と、悪魔の秘書はなんの脈絡も無く突然言いました。「チョコチップとバターとアーモンド」

 ぎりぎり聞こえるくらいの声量で淡々と言うと、手に持っていた黒の皮のブリーフケースに手を突っ込み、中から藤のバスケットを取り出しました。どう考えても、サイズがおかしいです。四次元にでも繋がっているようでした。

「は、はあ…」と使い魔は展開についていけず困ります。

「チョコチップ」と悪魔は雑誌を見ながら言いました。

「紅茶も良い葉が手に入りました。アールグレイですけれど」

「はあ」と使い魔はとりあえず頷きました。

「へえ。いいな」と悪魔は軽く言いました。

「…では私はこれで」

 悪魔の秘書はそう言うと、目と鼻と耳から、ぷしゅーーーと大量の空気を吐き出しました。まるで蒸気機関です。

 しかし、これで、と言ったわりに帰る素振りは見せません。

 エンドロールはとっくに終わったのに、席を立たずぼんやりしている独りで映画を見に来た女のひとみたいです。

「……あのー」と使い魔はおそるおそる悪魔秘書に尋ねました。「お急ぎでなければ、一緒にお茶でもどうですか?」

 悪魔の秘書は、おもむろに、手に下げた黒い皮のブリーフケースの中に手を突っ込むと、にゅっと折りたたみの木の椅子を取り出しました。

「実は椅子も持参しております」


 それから、二人と一匹は、天気の良い午後の街を見下ろす時計台の展望部屋で、のんびりと熱い紅茶と甘いクッキーを堪能しました。悪魔の秘書が帰ったのは、結局、もう夕暮れも近い頃でした。


「あのひと…いつも何かと良くしてくれるんですが」

 悪魔の秘書が帰った後で、使い魔のコウモリはちょっと疲れた顔で言いました。「…なんかちょっとコワイですよね。…なかなか帰らないし」

「そうか?」

 悪魔は全然頓着せずに言うのでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます