牛乳パックを垂らす

作者 紅蛇

59

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

母さんごめんよ……。

そこに至るまでの回りくどい精神世界がなんともいえない。

それはあたかも、ルーブ・ゴールドバーグ・マシン(ピタゴラ装置ともいう)だ。

単純かつ明快なオチに、読者一同が納得。

この気持を共有したいと思える作品だ。

だからこのレビューみたらぜひ読んでみて欲しい。

★★★ Excellent!!!

一言で、ブッ飛びです。
私にはこのような感性はありません。
脱帽。

「あるある」なのか、想像力の賜物なのか、分かりません。日常の風景を切り取ったようにも、まったく非日常の、洗練された破綻のようにも思えます。
この作者さんの作品の多くは、不思議な世界観と万華鏡のようにくるくると景色の変わるもので「言葉の乱反射」と勝手に呼ばせて頂いていますが、むしろこの作品は、ステンドグラスのように主人公の心を透過しつつ、薄いフィルタリングを施し、物語に仕立てています。
それが無ければ感想文。それがあるから面白い作品。文学の奥深さを垣間見た気がします。

★★★ Excellent!!!

――めっちゃ笑いを生みました、はい。

何でしょう、ただ冷蔵庫開けて牛乳を飲もうとしただけ何ですよ。(←いや、本当に何ですかい。

あらすじの『果たして、開かれたものはいつのものなのか?(引用)』だけで、一体これは何が始まるのだろうとワクワクしました、というかめっちゃ笑いました。
ほんと煽りが卑怯よ、これは。

男性声優が張りのある声で読み上げそうな煽りなのに、どこかこう【私の語彙力では表現できない不思議な世界を表す言葉がここに入ります。(形容詞)】んですよ!
本文も【私の語彙力では表現できない不思議な世界を表す言葉がここに入ります。(形容詞)】んですよ!

わかりますか、君?(←えっ、誰に向けて?)
わからないでしょう、本作をまだ読んでいない君は?(←あぁ、このレビュー読んでる人ね←てか、何様よ……私)

取り合えず君は、このレビューが『クソ』であることは気づいているだろう。
気づいていないなら、それは……なんかゴメン、まじでゴメン。てか、作者さんゴメンナサイ……(涙

どうしてこうなったんでしょう。
う~ん……そうだ、この作品が悪いんだ!
めっちゃ面白いのに、思わずレビューを書きたくなるというのに、この面白さを伝えられない――私では!(←やっぱ、私のせいじゃん←八つ当たりして、ゴメンナサイ)

  ――読んだら分かる!

これは声を大にして言いたい。
てか、読め。今すぐ読め。そして、私の『レビューモドキ』が隠れるくらいにするんだ!!!

あと、個人的には『母さんがスリッパで潰し殺した、光景(引用)』で、無慈悲で残酷で、悲鳴と体を押しつぶされる音が笑っていいのか分からないけど、めっちゃ笑ってしまいました。
はい、解散!