嘘松アーニャと夢色異世界

作者 ピクルズジンジャー

愚かなのはアーニャか、それとも?

  • ★★★ Excellent!!!

病的な虚言癖のある女の子。

不登校になった彼女を心配してLINEで様子を尋ねると、「トラックにはねられて異世界に転移した」との返信。
何そのベタな設定。

って、笑えません。
アーニャの設定は粗だらけなのに徹底していて、次第に周りを巻き込んでゆきます。
荒唐無稽と思いつつも、今のネット社会って「こう」だなぁって妙に納得してしまう。
作り上げられた虚像も、たった一晩でただのハリボテ。
煽り方ひとつで称えられも叩かれもする。
それでもブレないアーニャは凄いのかもしれない。

嘘も吐き通したらもしかして本当になってしまうんじゃないか。
もしかして本当に「ある」んじゃないか。

そんな風に思って、すうっと背筋が寒くなる。

彼女は何を思うのか。
幸せとは何なのか。


答えを出すことは難しい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

早瀬翠風さんの他のおすすめレビュー 544