硝子とルージュ

作者 眠る乃符時個

ここちよく乾いた幻想

  • ★★★ Excellent!!!

村上春樹は人生の中で繰り返し、チャンドラーを読んだ理由として文章のうまさをあげている。
文章の、うまさ。
それは、感情を排し、結晶化したように美しい文章のことだとも思う。

この物語では、常軌を逸した情景を描きもするけれど、それはここちよく乾いており、ほんの日常のちょっとした出来事のようにも見える。
あるいは、それは美しく結晶化している。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

憑木影さんの他のおすすめレビュー 35