埋もれた名作は、なぜ埋もれたままなのか

作者 左安倍虎

263

100人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

人気がなくとも自分にとって唯一無二の作品であればそれでいいじゃない!

それでも評価欲しい、人気作になって欲しい! と思うのならば、この創作論を読んで、自分の作品に足りない要素は何か? を考えてみましょう。人気を掴み取るためにはWeb小説という媒体の考察が不可欠ですからね!

★★★ Excellent!!!

――

正直に、なんで自分の作品は閲覧が伸びないんだろう?と思いながら読んでいました。

嫌というほど理由がわかった気がします。本当によく分析されてますね。

読者に求められたものを書くという点には参りました。幅がない自分には頭の痛い話です(^^;

タイトルが長い作品には抵抗がある方ですが、本作を読んでその理由もよくわかりました。ただ必ずしも長い事がいいわけじゃないというのには救われた気がします。

自分の作品に悩んだ方は、ぜひ一読するべきものだと思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

非常に面白く読めました。
カクヨムで読んだ創作論(そんなに多くありませんが……)の中では一番興味深く読めました。

なぜ「埋もれ」てしまうのだろう? と考えないカクヨム作家はほとんどいないでしょうし、これを読んで色々と思い当たることの多い方もいることでしょう。

私も「埋もれている」クチでして、「あー。あるある」と思い当たることばかりです。頷きすぎて首が痛いくらいです。
特にウェブ小説に描写は不要と喝破された箇所には「うーん」となりました。作家の技量は地の文(描写)に表れると思っていました。

テンプレの強さについての考えも、分かりやすくて納得できました。とにかく読者は理解しやすくて「自分の方を向いている」小説をもとめているのだと分かりました。まったくその通りだと思います。

カクヨムで読者を集める創作術について示唆に富む作品だと思います。また、読んでもらえない小説を書きがちなカクヨム作家も、自らの境遇を「自虐的に」面白く読めると思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 今までweb小説をここまで論考した作品はあっただろうか。一体どれほどの作品を読めば、こんな正鵠を射た論評が出てくるのか。ひとえに作者様の小説への愛と熱意の賜物だと思いました。本当に素晴らしいです。感服しました。

さんがに★で称えました