異世界の邪神が海産物ぽかったので食べてみた

作者 とくがわ

邪神(海産物)が食べたくなる日が来るなんて……

  • ★★★ Excellent!!!

 目覚めると、主人公は記憶を無くしていた。無くしていたが、なぜか多くの海産物の知識は覚えていた。
そこまでは、まぁよくある感じだが、この作品が一味違う。
 どこか違うかって?

そりゃあ、邪神(海産物)を食べる主人公なんて、今までいたか!?

 という、ところです。敵である邪神は、海産物の姿をしていたのだ。別に、それも大丈夫だ。でも、普通食べるか(笑)

 読んでいると、お寿司屋さんへ直行したくなっちゃいます。
あと、いろいろなところをツッコミたくなってしまいます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

紅蛇さんの他のおすすめレビュー 491